FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    ベビーシッター(終了編)
    HANENプログラム受講中、Family Day Care Homeを利用した。個人経営の小規模な託児所だがいちおう州の認可は受けている。昼はともかく、夜間にDrop-in(一時預かり)をしてくれる施設はなかなか少ないのだそうだ。
    一回目、二回目は特に問題はなかった。
    「251(番地。各家の表に掲示してある)の、おばあちゃんちに遊びに行くよ。お母さんは用事でお出かけするけど、9時には迎えに来るからね。いい子でお留守番しててね。」と言い聞かせると、多少不満げな顔をしながらも手を振ってプレイルームに消えていく。迎えに行くと満面の笑顔、帰りの車中で「251、たのしかったの。」
    二回目などは、迎えに行くとおばあちゃんに抱っこしてもらって眠りこけていた。他のお友達が先に帰るとき、泣き出す場面もあったそうだ。

    三回目、この日は講習会のためでなく主人とコンサートを聴きに行くため、遅い時間に予約を入れていた。しかし出て来たのはいつものマリーおばあちゃんでなく若い女性。
    どうも留守番を頼まれただけで、私の予約の件を聞いていないようだ。
    「マリーには今日来ると約束してあったんだけど。」
    「前にもここ利用したことある?」
    「二回。」
    「じゃあ大丈夫ね、お預かりします。電話番号を教えてください。」
    「もしかしたら多少時間オーバーするかもしれないんだけど先に払っておいた方がいい?」
    「お金のことは聞いてないの。マリーはなんて?」
    「1時間10ドル。4時間で40ドル、先払いのお約束なので置いていきます。11時過ぎには迎えに来ます。」

    コンサートが終わり、迎えに行ったときには雨が降りだしていた。呼び鈴を押すが誰も出て来ない。もし他に預かっている子がいて寝ていたら申し訳ないし、かといって雨の中いつまでも待っていられない。戸を引いてみると開いた。そういえば以前預け入れの時に「自由に入ってもらっていいわよ」とマリーに言われたっけ、でもちょっと無用心じゃない?

    プレイルームの中は灯りが消えて、テレビだけがついていた。先ほどの留守番の女性がソファでうたた寝をしている。あきのすけは部屋の隅でひとり遊びをしていた。私が呼ぶと、その声で彼女が目を覚まし小さく悲鳴を上げた。「迎えに来たんだけど。」というと、ああそうだった、という表情になった。
    預けている間の彼の様子などを聞いてから、三人で家に向かった。

    マリーにも都合はあるだろうし、預かってもらえるのはありがたいのだけれど、さすがに不安になった。
    入ってきたのが不審者だったらどうするのだろう。
    寝ないだろうから起こしておいてもらっていいとは言ったけど、お金をもらって預かるのにテレビ見せっぱなしで保育者が居眠り?

    今週からは、あき父に早く帰宅して自宅でみてもらうことにした。先ほどキャンセルの電話を入れたのだが、おそらく先日の彼女と思しき人がマリーは不在だと告げた。体調でも崩しているのかもしれない。
    いいところを見つけたと思ったのだが、残念だ。
    スポンサーサイト



    【2006/03/23 07:22】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック