FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    インターナショナルな一家
    ここ数日、スクールバスを待っているときバス停で見かける女性がいる。40代とおぼしき東洋系の女性だ。今日は声をかけられた。
    “Are you waiting for school bus?”(スクールバスを待っているんですか?)
    “Yes.”(そうです)
    “He is so cute.”(かわいいお子さんね)
    “Thank you.”(ありがとうございます)
    “(あきのすけに向かって)How old are you?”
    (うっ日本語でも答えられない質問だ)「あき、ほら年はいくつですかって」
    「えっ日本の方ですか?」
    「はい。そちらも?」

    うちのアパートメントには中国系や韓国系の住人が多く住んでいるので、東洋系といっても日本人でないことの方が多い。実際、一見しただけでは見分けがつかないのだ。
    米国人にチャイニーズか?と尋ねられるのは、昔からよくある話だし慣れたのでどうということもないが、スーパーの駐車場でわざわざ車を停めて中国語で話しかけられた時には驚いた。中国系や韓国系の食料品店でも、最初は必ずと言っていいほどレジのお姉さんに中国語(韓国語)で話しかけられる。
    うーん、私ってそんなに日本人に見えないだろうか。

    越してきてまもなく、あきのすけを連れて公園デビューした時には、「お父さん外国の…ていうか、こちらの方ですか?」と言われた。私に似ず色白なので、白人とのハーフと思われたらしい(笑)。

    あき父は韓国人経営の床屋へ行ったら、なんとなく韓国風のヘアスタイルになって帰ってきた。彼も同僚に言わせると「典型的日本人の顔じゃない」そうで、確かに知らない人が見たら韓国人に見えそうだ。

    いったいうちの家族って…。

    白人、アフリカ系、ヒスパニック、中東系、東洋系、その他いろいろ。
    これだけ多様な人種の入り乱れた中で暮らしていると、自分がどこの国の出身かなんて、なんだか些細なことのように思えてくるから不思議だ。
    学校で習った歌にあわせて、あきのすけがクラスメートの名を順番に呼ぶ。彼の記憶の深層に、肌や目の色の違うお友達のことが残るといいなと思う。
    ひとりひとり違うのが当たり前な、この国のこと。
    ひとと少し違う自分も、胸を張ってこの世界で生きてていいんだよということを。
    スポンサーサイト



    【2006/03/09 08:49】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)

    この記事に対するコメント
    あき母さん

    私は よく韓国人に間違えられます。
    何度聞いても 覚えられないんですが 何とかという人に そっくりだそうで、 毎回 ごにゃごにゃ 韓国語の後 必ず XXX でしょ? みたいな 同じ名前 XXX が出てくるのです(笑) 

    一体 どんな人なんだろうと 興味深々なんだけど 学生の頃から かれこれ10年前から 言われてるので 今をときめく 若手ではなく きっと 日本で言う 熟年なんだわ・・・と 思っております。 ガクッ・・・

    そうそう。

    ウチの子 先週から 場面かんもく症 っぽくなってしまいました。 家では 話すのに クラスでは ウン とも スンとも 言わなくなってしまったんです。 
    でも 行くのを嫌がるわけでもなく むしろ喜んで行くのですが、、、 以前なら 「この色は何ですか~?」 「グリーン」 というくらいの受け答えはあったのに 今は ホントに 何も言わなくなってしまったのです。

    ボランティアで 入って クラスを見てて 先生ともお話したんだけど おそらく 何かがきっかけで 話さなくなった、言葉を引き出そうと 無理しすぎたんじゃないか・・・ という事で しばらくは STも担任も 無理に 話し掛けず 無理に答えを求めず 様子を見よう ということになりました。  

    悩みます・・・・・・・
    【2006/03/12 15:25】 URL | しーまま #idpD9AK.[ 編集]

    しーままさん こんにちは。
    場面かんもく症、名前は聞いたことあるのだけど、という程度なんですが、検索エンジンで多数ヒットしてくるので、悩んでられる人はたくさんあるみたいですね。
    定型発達のお子さんなら「ちょっと内気なだけ、そのうち治るさ」とゆっくり構えていられるのでしょうが、発達の気がかりやバイリンガル環境などいろいろな要因を抱えていると、なかなかそうも言っていられないですよね。

    喜んで通っているというのが救いですね。
    【2006/03/14 01:39】 URL | あき母 #-[ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック