FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    パンプキンパイ
    感謝祭の頃まとめ買いしてあったパンプキンの缶詰を発掘したので、パンプキンパイを作ってみた。

    日本でパンプキンパイというと、サクサクのパイ生地にはさまれたホクホク甘いえびすカボチャ、焼きたての熱々が最高よね。というイメージ。
    しかしご近所の日本人の奥様が、こちらに来て間もない頃そういうタイプのパイを作って米国人のお友達にお出ししたら「え?」と言われたそうだ。
    本場アメリカのパンプキンパイは、パイというよりタルトに近い。水分の多いpie pumpkin(カボチャの品種からして違う)のマッシュを卵、砂糖、生クリーム、スパイス類と混ぜて、パイ皿に敷いたパイ生地に「流し込んで」そのままオーブンへ。焼きたてではなく、室温以下まで冷ましてから供する。
    既にマッシュされている缶詰カボチャと、アルミのパイ皿に敷いた状態で売られている冷凍パイシートを使うのだから混ぜて焼くだけ、超簡単。
    アメリカレシピはそのままだと甘すぎるので2割くらい砂糖を減らしているのだが、今回は(カボチャ自身の甘みもあるだろうし…)と、なんとなく3割減。夕食後、さっそく味見をしてみたが…「なんか水っぽい」「うすら甘いだけで頼りない。砂糖減らしすぎかも」といまいち不評。食べ残しは冷蔵庫へ。このままゴミ箱行きを一度は覚悟した。

    翌々日の晩、腐らせてもなんだし消費するか、と切ってみると…。
    上品な甘さ。滑らかな舌触り。洋酒を思わせるスパイスの香り。
    「おーいしいじゃーん!」
    「これって冷やして食べるものだったんだ」「そんな話聞いてないよお」
    ということで慌てて写真撮影。
    pumpkinpie

    アメリカのお菓子がまずいなんて断言するのは早計でした。
    ちなみに今回のレシピ
    -----------------------
    卵 2個
    ブラウンシュガー 100g(元レシピは140g)
    カボチャ 400g(マッシュ済みの缶詰)
    無塩バター(溶かしておく)25g+牛乳 40ml
    (元レシピでは生クリーム65ml。手元になくて買いに行くのも面倒だったので(爆)乳脂肪分の量だけだいたい合わせてみました。エバミルク350mlでもいいそうです)
    シナモン 小1
    ナツメグ 小1/2
    ジンジャー 小1/2
    -----------------------
    書いてある順番にボウルにほうりこみ泡立て器でかき混ぜて、冷凍パイシェルに流し込み、400F(200C)で15分、350F(175C)に下げて30分焼く。串を刺してついてこなくなったら完成。
    冷やして食べてね(笑)
    スポンサーサイト



    【2006/03/04 05:54】 趣味 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック