fc2ブログ
AUTISTICな日々
長男A太郎のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。大学生になり親元を離れて寮生活をしています。定型発達の次男Q次郎は反抗期真っ盛り、サッカーに明け暮れる日々です。気まぐれ更新のため、コメントを頂いてもすぐにお返事できない場合があります、ご了承ください。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    02 | 2024/03 | 04
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 再掲:非常時の支援・工夫(転載)(01/02)
  • 再掲:せめて、元気だそっと。(01/02)
  • 「ブラックフライデー」に対する違和感(11/23)
  • アフターコロナの学園祭(07/01)
  • キモチワルイ(05/13)
  • 巡検 in USA(2)(02/28)
  • 巡検 in USA(1)(02/25)
  • 子育て四訓(02/23)
  • あちらを取ればこちらが立たず…(02/11)
  • 巡検 in USA(準備編)(01/14)


  • RECENT COMMENTS
  • あまだれ(01/14)
  • あき母(09/12)
  • あまだれ(09/11)
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (168)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (41)
  • きょうだい児 (33)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (63)
  • 未分類 (1)
  • いい言葉みつけた! (34)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (12)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (14)
  • 某巨大掲示板過去発言選 (12)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    「ブラックフライデー」に対する違和感
    最近、『ブラックフライデーのセールをやってます』という広告をかなりの頻度で目にするようになった。

    おそらく、大多数の日本人にとっては「ナニソレ?」であるだろうこのコトバ。
    だいたいブラックって言うと、株価が暴落したとか、大量殺戮事件が起きたとか、あまり望ましくない文脈で使われることが多いんだけど
    この場合のブラックは「黒字」お店にとっては書き入れ時、というニュアンスであるらしい。

    アメリカ発のこの商習慣、アマゾンとかトイザらスとかが本国に倣ってするのは、まあどうぞご勝手になんだけど。
    日本企業が、なんか楽しそうだからウチもウチも的に乗っかってるのって
    なんかすごーく、見ててモヤッとする。

    そもそもなぜ「フライデー」なのかというと
    その前日、11月の第4木曜日が「サンクスギビングデイ」で
    アメリカでは多くのお店がお休みしているからだ。

    最初の移民が大陸の厳しい冬で難儀しているところを、先住民たちに助けてもらった、その感謝と収穫の祝い
    自国の歴史にいっとき思いをはせ、家族や友人といった大切な人と過ごした休日が明けて
    さぁ~次はクリスマスですよ!と、一気に年末商戦に突入していく
    その皮切りがブラックフライデーなので

    サンクスギビングをやらないのにブラックフライデーだけやるっていうところに
    そもそも大きなカンチガイ感が漂っており。

    **********

    今日は勤労感謝の祝日なんだけど
    これって元々、新嘗祭の日なんだよね。
    という話を、Q次郎にしました。
    初穂を供え、その年の収穫を、神様に感謝する日。

    うちの地域ではこの時期、月遅れで「えびす講」の祭事が行われ。
    かつては地元商店街がこれに合わせて大売り出しを行ない、冬支度の買い物をする人々で大いに賑わったそうです。
    時代の流れとともに、そうした習慣もすっかり廃れてしまったようですが

    なにもわざわざ外国の習慣を猿真似せんでもええやん!
    と思っちゃうんですよね。
    彼らは彼らの歴史と文化にのっとってやっていることなので
    ウチらはウチらの歴史と文化を、もっと大事にした方がいいんじゃないの?
    それが本当の国際化っていうんじゃないの?

    中途半端に他国の文化を食い散らかすのは
    相手に対しても失礼だと思うの。

    まあ企業さんにしてみたら、消費マインド盛り上げるためには口実なんかなんだっていいんでしょうけれどね。
    クリスマスもバレンタインもハロウィーンも、日本独特の進化を遂げちゃってますからね。

    でもなあ。
    素直に「歳末大売り出し」って言えばええやん?
    と思ってしまう私は
    歳を取ったっていうことなのかなあ(^ ^;)

    ついでにもう一つ、最近気になってること。
    天気予報なんかで「〇月の満月は△△ムーンと呼ばれています」って言ってるの時々見かけるんだけど

    例)ウェザーニュース
    https://weathernews.jp/s/topics/202304/060245/

    うん、話のネタとして、なんかオシャレな感じがするから取り上げるんだろうけど

    アメリカ中西部の大平原の中で見る、地平線から登ってくる月と
    日本の山里で見る、山の端から顔を出す月とは
    やっぱり、趣が全然違うものだと思うのね。

    アメリカ先住民が彼らの感性で付けた名前を聞いても
    なんかいまひとつ素直に腑に落ちないというか。

    まあでも、多くの日本人は秋以外の季節はあんまり月なんか見なくなってるから
    こういう話をきっかけに空を見上げてみてっていう意図もあるかもだけど。
    スポンサーサイト



    【2023/11/23 23:36】 時事雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック