FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    あきのすけと英語3
    毎週金曜日は専門職のスタッフがあきのすけを実際に指導しているところを見学させてもらい、家での接し方の参考にしたり相談に乗ってもらったりする。今週の担当はSpeech TherapistのJ先生。
    言語の先生だから、どうしても内容は言葉の使い方ということになる。元々あきのすけの苦手分野であり、しかも英語だ。前回のセッションでは、あきのすけは明らかに「オウム返ししないとオモチャ渡してくれないから、仕方なく付き合ってやってんだ」的な態度だった。
    今回も前半は音声模倣の課題、明らかに集中力が途切れがち。数字のパズルで気を取り直してから、赤ちゃん絵本に移った時。
    反応の仕方が、ずいぶん変わっている。
    三ヶ月前、一緒に見学に来た時には、自分勝手にあれこれ指差しては物の名前を日本語でつぶやいていた。日本語だから応対するスタッフも、意味のある言葉なのか例の無意味な宇宙語なのか、わからないので反応のしようがない。
    それが今日は、目に付いたものをひとつひとつ指差しては先生の顔を見る。先生が“apple”“shoes”“corn”などと答えるとオウム返しをしてまた別のものを指差す。
    どれも日本語なら名前の言える物ばかりだ。もし彼の横に座っているのが私だったら、得意げに「りんご!」「くつ!」「とうもろこし!」と叫んでいることだろう。
    先生の顔を見るのは「教えて」サインだ。彼が「これなあに」シグナルを出せることにも驚いたが、そればかりか、彼は、同じ物を親と先生が別の名前で呼ぶことを理解している。
    物にはふたつ以上の名前があり、自分の知ってる名前を先生は知らないということを。
    自閉症児の言語理解について、しばしば「『しょうゆ』と『しょうゆ』は別物だと思ってたりするんだよね」などという例が取り上げられるが、あきのすけがこれほど柔軟に世界を理解し始めていることに私は驚きを禁じえなかった。

    今日驚かされたことがもうひとつ。
    指導が終わって、あきのすけは元気よく「バイバイ」を言って教室を出た。いつものように自分の上着をコートかけから外して、私の方へ持って来たので着せてやろうとした時、あきのすけの表情がみるみる崩れて、両手で顔を覆ってさめざめと泣き始めたのだ。
    パニック泣きのcryingではなく、weeping。今日はお母さんと一緒に早く帰る日だと納得しているけれど、今週は風邪で何日も休んだりしたのでもっと学校にいたかったのだろう。
    彼が「悲しくて」泣くのを、こんなに高度な感情表現をするのを、初めて見た気がする。
    向かいの教室から同じように帰り支度をして出てきたお友達を見て、あきのすけはようやく納得したように歩き始めた。
    うん、彼の心は、確実に成長している。
    スポンサーサイト




    【2006/02/18 05:41】 療育(米国) | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)

    この記事に対するコメント
    あきのすけくんのお母さま、お久しぶりです。
    ずっとロムさせてもらっています。

    あきのすけくんの成長はめざましいですね。

    何だかうれしくてつい書き込みしてしまいました。

    うちの下の子も自閉傾向が明らかにあります。
    あきのすけくんの様に高機能タイプでは無いように思えますが、いろんな経験をたくさんさせてあげなくては、と療育園の懇談を終えて強く決意したところです。

    アメリカと日本の教育事情の違いは面白いですね。私には難しくて消化不良気味ですが・・・。
    【2006/02/18 09:50】 URL | ばく #-[ 編集]

    (書いてる途中で 消えちゃったので もし2度投稿してたら ゴメンナサイ!)


    こんにちは。
    ウチの子と同い年で 同時進行しているので あきのすけ君の学校の様子が 手にとるようにわかります。 

    息子のプリに 日本から転勤で来た子がいるのですが  日本で幼稚園嫌いで毎日泣いていた子が 今は 英語はわからないけど 楽しくてしょうがない!と言ってるそうです。 
    理由を聞くと 「先生が いっぱいハグしてくれる!」って・・・ 日本の幼稚園事情は 私は全く
    わからないのですが 確かに こっちって 生徒15人のクラスに 先生3人だから 自分に回ってくる 「ハグ度」も高いのかな~?

    あと 私も先週 STと話をして 「ウチの子 日本語出ちゃいますか?」と聞いたら 「子供って この人は日本語話す この人は話さないっていうのがわかってるのよ」と言われ ちょっと驚きました。 

    「ウチの子もわかってるんですか?」
    「オフコース!」 

    ちょっと マユツバ でした!
    【2006/02/19 06:41】 URL | しーまま #idpD9AK.[ 編集]

    ばくさん、こんにちは。

    そう、本当に、いろんな経験をさせてあげること、大事だと思います。その前提として情緒が安定してきていて、ある程度周囲に興味を持ち始めていることがあると思いますが、
    ニワトリが先か卵が先かで、
    新しい環境に放り込まれることで否応なしに周囲の探索を始めざるを得ない、ということもあると思います。

    せっかく自分の世界で心安らかに過ごしているものを、こちらの世界に無理やり引きずり出すようなことをしていいのだろうか、と躊躇する気持ちも正直ありました。
    でも新しい世界を知ることで、些細なことにいちいちパニックを起こさないで済むようになるし、彼らもやはり学びたい気持ちがあるのだなあ、と最近は思うようになりました。
    【2006/02/20 01:27】 URL | あき母 #-[ 編集]

    しーままさん こんにちは!

    うん、ハグ度高いでしょう。
    日本では子供30人に先生ひとりとかいう世界ですから。あと、文化として身体接触をしませんよね。
    日本で一般の保育園に障害児を入れてもらうとき、加配という制度があって先生を増員してもらえるんですけど、
    私はてっきりうちの子専任の担当の先生がつけてもらえるんだと思っていたらそういう意味ではなく、先生2人でクラス全体を見るような形になるのだとか言われました。
    ほんと、少子化だというのに日本の教育予算、どうにかならないのかあ。

    あきのすけを見る限り、「日本語話さない人」はわかってるんでしょうねえ。
    でも「お母さんは英語話さない人」とはあまり思ってないですね。ぼくが学校で覚えた英語の歌とか、お母さんも全部知ってると思ってるようで(汗)
    正直、英語リスニング能力は彼のほうが高いんじゃないか?と思う今日この頃です。
    【2006/02/20 01:42】 URL | あき母 #-[ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック