fc2ブログ
AUTISTICな日々
長男A太郎のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。大学生になり親元を離れて寮生活をしています。定型発達の次男Q次郎は反抗期真っ盛り、サッカーに明け暮れる日々です。気まぐれ更新のため、コメントを頂いてもすぐにお返事できない場合があります、ご了承ください。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    02 | 2024/03 | 04
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 再掲:非常時の支援・工夫(転載)(01/02)
  • 再掲:せめて、元気だそっと。(01/02)
  • 「ブラックフライデー」に対する違和感(11/23)
  • アフターコロナの学園祭(07/01)
  • キモチワルイ(05/13)
  • 巡検 in USA(2)(02/28)
  • 巡検 in USA(1)(02/25)
  • 子育て四訓(02/23)
  • あちらを取ればこちらが立たず…(02/11)
  • 巡検 in USA(準備編)(01/14)


  • RECENT COMMENTS
  • あまだれ(01/14)
  • あき母(09/12)
  • あまだれ(09/11)
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (168)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (41)
  • きょうだい児 (33)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (63)
  • 未分類 (1)
  • いい言葉みつけた! (34)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (12)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (14)
  • 某巨大掲示板過去発言選 (12)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    「メンターは親の手本ではない」
    現実のメンター活動とは、違う場面でのことなんですが…。

    成功体験を語るのは控えた方がいいよ、と先輩親さんに忠告を受けたことがあります。
    「うちの子もそうなれるかも」と思わせておいて、そうならなかった時に
    かえって深く相手を傷つけることになるから、と。

    ただ、うちの子が小さかった頃には
    『障害=不幸』
    『その不幸に負けず健気に我が子を支える明るく聡明な母親』
    みたいな図式しかなかったから
    「いや私とてもそんな聖母マリア様みたいになれませんけど?」
    「障害児育てるの確かにシンドイけど、別に24時間365日泣き暮らしてるわけでもありませんけど?」
    と反発する気持ちもあったし

    明石洋子さんみたいに「ウチの子結構重度の自閉だけど、公務員やってますよ~」っていう話を聞けば
    彼女と全く同じことは出来ないまでも、少しでも見習ってみたいと思ったし

    だから、悲惨な未来しか想像できなくて落ち込んでしまっている人には
    「それなりに楽しくやってるよ」って話もしてきたのだけれど

    出し方を間違えると
    自慢話と受け取られてしまう場合もあるんだなあ…と。

    A太郎の場合は
    結果的に知的障害はなくて
    性格的にも穏やかで、真面目で
    服薬も結局しないで来れて
    中学以降は学校でパニックを起こすこともなくて
    先生方に可愛がられて平和な学生生活(ただし、いわゆる「ぼっち」なのは仕方ない)

    彼の持って生まれた気質に助けられた部分が大きいので
    「みんながそうなれるわけじゃない」
    「たいした苦労じゃない」
    と評されても仕方ないのかなとも思うのだけど

    ただ、乳幼児期、先が見えなくて
    明日自分たちが生きていることすら確信が持てなくて
    まして1年後3年後10年後のことなど思いもよらなかった
    もし同じ思いをしている人がいるなら

    こうなれとは言わない
    こうなれるという保証もない
    ただ可能性はゼロではないと伝えることが

    受け手にとって希望となるのか、絶望となるのか。

    「不幸沼にはまるのが当然」と思われるのも嫌だったけど
    「これだけ成功例があるんだからアナタにも出来るよね」って思われるのも
    確かにプレッシャーだろうなっていうのは解るので

    なんだろう…ワケのわからない「外野の期待」的なものは無視すればいいんだよっていう
    根本のところは変わらないと思うんだけどな…。



    あ、もしかして
    『その不幸に負けず健気に我が子を支える明るく聡明な母親』
    ポジションに
    いつのまにか意図せず位置付けられてしまった的な?
    スポンサーサイト




    【2021/09/04 11:21】 社会活動 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック