fc2ブログ
AUTISTICな日々
長男A太郎のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。大学生になり親元を離れて寮生活をしています。定型発達の次男Q次郎は反抗期真っ盛り、サッカーに明け暮れる日々です。気まぐれ更新のため、コメントを頂いてもすぐにお返事できない場合があります、ご了承ください。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    03 | 2024/04 | 05
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 子どもに対する反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)療法に関する声明(04/17)
  • 研究室が決まりました(03/21)
  • 再掲:非常時の支援・工夫(転載)(01/02)
  • 再掲:せめて、元気だそっと。(01/02)
  • 「ブラックフライデー」に対する違和感(11/23)
  • アフターコロナの学園祭(07/01)
  • キモチワルイ(05/13)
  • 巡検 in USA(2)(02/28)
  • 巡検 in USA(1)(02/25)
  • 子育て四訓(02/23)


  • RECENT COMMENTS
  • あまだれ(01/14)
  • あき母(09/12)
  • あまだれ(09/11)
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (168)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (41)
  • きょうだい児 (33)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (63)
  • 未分類 (1)
  • いい言葉みつけた! (34)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (12)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (11)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (15)
  • 某巨大掲示板過去発言選 (12)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    特別支援教育就学奨励費
    某巨大掲示板の過去発言救出シリーズ
    今回は「特別支援教育就学奨励費」

    お金が貰えるからという理由で支援級を選ぶ人はあまりいないと思うので
    入級してから案内をもらって、所得制限はどのくらい?レシートは必要?と戸惑うことが多い制度ですよね。
    自治体にしてみれば、支援級に入る子が増えるほどこうした支出が増えるので
    「知的な遅れのないお子さんはなるべく普通級で…」と言われてしまうことにも繋がっているようです。


    「特別支援教育就学奨励費」の根拠となっている法令である
    『特別支援学校への就学奨励に関する法律施行令』
    https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=329CO0000000157
    が出来たのは昭和29年。
    盲学校・聾学校の義務制が完成したのが昭和31年。
    教科書の無償化に関する法律が出来たのが昭和37年だそうですから
    特殊な教材を必要とし、従って費用負担の大きい盲・聾学校の生徒さんの就学を促すものとしてスタートした制度ではないか…と想像されます。

    養護学校が義務化されたのは、もう少し時代が下って昭和54年。
    それまでは就学猶予・就学免除という名目で、学校へ通いたくても通わせてもらえないお子さんたちが多くいたそうです。
    校舎を作り、先生を大勢配置し、知的な遅れのある子や身体障害のある子なども学校に通えるようにした。通学が難しい子には先生が訪問する制度も作った。
    https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/006/toushin/010102b.htm

    発達障害が注目されるようになり、従来の特殊教育の枠組みでは対応できないということで特別支援教育の制度が始まったのが平成19年。
    こうした制度の拡充に伴い、奨励費の支給範囲も
    特別支援学校に通う子、
    支援級に通う子、
    通級に通う子(交通費のみ)、
    普通級に在籍する子(学校教育法施行令第22条の3の規定に該当する子。平成25年より)
    と、順次拡大されてきた。ということのようです。

    我が子を学ばせる場を切実に求める親がいて。
    場は用意されているんだけど、そこに送り出すことに躊躇してしまう親もいて。
    たくさんの切ない想いの上に、今の制度があるんだということ。

    うちの子は自閉ですが、鉛筆その他文房具の無くし物・忘れものが多く、常に大量の予備が必要でした。
    手先が不器用なので、使いやすい道具を求めて何種類も買い求めたり。
    偏食で給食をほとんど残してしまう子の親御さんにとっては、給食費補助があることで多少なりとも心穏やかになれたでしょう。
    「この子に障害があるがために生じる余計な出費」のせいで親が余計なストレスを感じて
    叱る機会が増えてしまうことを防止する。ありがたいことです。

    経済的に困窮しているご家庭に対して案内される「就学援助」と混同しやすいことが難点かな…。

    解りにくい、と不評の所得制限ですが
    これは「生活保護の需要額の○倍」で規定されています。
    この生活保護費というのが、お住まいの地域や、世帯人員によって異なっていて
    計算が複雑で難しいので、HP等には掲載されないのだと思われます。
    私も一度調べて計算しようとしましたが、挫折しました(^^;)

    スポンサーサイト





    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック