fc2ブログ
AUTISTICな日々
長男A太郎のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。大学生になり親元を離れて寮生活をしています。定型発達の次男Q次郎は反抗期真っ盛り、サッカーに明け暮れる日々です。気まぐれ更新のため、コメントを頂いてもすぐにお返事できない場合があります、ご了承ください。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    02 | 2024/03 | 04
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 再掲:非常時の支援・工夫(転載)(01/02)
  • 再掲:せめて、元気だそっと。(01/02)
  • 「ブラックフライデー」に対する違和感(11/23)
  • アフターコロナの学園祭(07/01)
  • キモチワルイ(05/13)
  • 巡検 in USA(2)(02/28)
  • 巡検 in USA(1)(02/25)
  • 子育て四訓(02/23)
  • あちらを取ればこちらが立たず…(02/11)
  • 巡検 in USA(準備編)(01/14)


  • RECENT COMMENTS
  • あまだれ(01/14)
  • あき母(09/12)
  • あまだれ(09/11)
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (168)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (41)
  • きょうだい児 (33)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (63)
  • 未分類 (1)
  • いい言葉みつけた! (34)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (12)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (14)
  • 某巨大掲示板過去発言選 (12)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    会話をする際のルール
    米国在住時代に学んだことを中心に、某巨大掲示板にて後輩親さんたちに色々お伝えさせていただいてきたのですが
    あと数か月で、そちらがサービス終了となるという連絡を受けました。

    そこで、閲覧不能になってしまう前に
    これはと思う過去発言を順番にレスキューしておこうと思います。

    ブログの過去記事と重なる内容もあるのですが
    A太郎と過ごした十数年の日々、またネットやリアルで知り合った人々との関わりの中で
    学んだ当初よりも自分の中で消化できた部分も多くあるかなと思います。

    まずは「会話をする際のルール」について。



    小学校の中~高学年くらいの頃の私は、うまくお友達が作れないことを気に病んでいました。
    何でも話せる友達がいたらと思いつつ、どうすればいいか解らないでいました。

    我が子が自閉症と診断されて、コミュニケーションについて学んだり考えたりする機会を得て、改めて当時の自分自身を振り返ってみると

    あの頃の私は、自分の言いたいことだけ一方的にガーッとまくしたてて
    相手の話が興味の持てない内容だと、プイッとその場を離れてしまうような子でした。
    「自分が」聞いてほしい想いばかりが強すぎるので、双方向のコミュニケーションが出来ない。常に一方通行。
    そんな子と話したってツマラナイですよね。だから人は離れていく。でも自分では悪いことをしている意識がないから、周囲にないがしろにされていると被害的にとらえる、悪循環にはまっていました。

    とある親向けの講習会で
    会話をする際のルールとして、自閉圏の子には、こういうことを意識するよう教えてあげなさい。というのを教わりました。

    ・会話の相手に注意をむける(顔を見る、体をそちらに向ける)
    ・相手が会話を始めたら返事をする(うなづく、相槌を打つ)
    ・適切なタイミングで自分の話をする(相手の話を途中で遮らない)
    ・相手にも話す機会を与える(自分ばっかり話してないか)
    ・話題を変えないで交互に話す(その話はもういい、ってぶった切るのは失礼)
    ・相手の言葉だけでなく身振りや視線にも注意を払う(つまらなそうに視線が泳いでたり、イライラと指が机を叩いたりしてないか?)
    ・聞き手が理解していない時は分かりやすく言い直す(難しい言葉を使うのがカッコいいと思うのは大きな勘違い)
    ・自分が理解できない時は説明し直してもらう(分かったフリで生返事をするとどんどん流れに取り残される。聞くは一時の恥)
    ・ふさわしいときに話題を変える
    ・正しいやり方で会話を終える

    これを読んだ時
    あ、私、これ全然できてない。って気がついたんです(爆)
    子どもの頃にこれを知ってたら人生違っただろうなあ、って。

    以来、意識的に聞き役に徹して相槌を打つ
    自分のことばかり話し過ぎたなと思ったら「で、あなたは?」と水を向ける(英語の“and you?”便利な言葉だと思います)
    といったことを意識しています。

    スポンサーサイト




    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック