FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    新生活準備
    大学から正式に合格通知が届いて、ようやく「春から大学生なんだなあ」という実感が湧いてきました。
    行き先が決まったので、これで具体的に動き始めることが出来ます。

    【発達障害関係】
    ・首都圏在住の友人に合格の報告&病院等の情報提供依頼
    ・発達障害者支援センターの場所と連絡先を確認
    ・精神障害者福祉手帳の更新手続きを確認
    ・大学のバリアフリー支援室の連絡先を確認

    ・いま通っている病院に紹介状を依頼
    ・成育歴等を情報共有シートにまとめる
    ・(本当は療育等でお世話になった方々にご挨拶に行きたいけど…コロナ禍の中なのでやはり自粛した方がいいかな…)

    【大学】
    ・入学手続き
     入学金の領収書等を書留速達で郵送&連絡先等をWeb登録。
     これを期日までにやらないと入学が許可されない、ってなんか緊張する。他にもまだまだ書かなきゃいけない書類多数。
    ・大学生協加入
     学生共済や損害保険の加入申し込みも同時にしろとのことで、寮の設定する保険と比較検討。
     「寮は途中で出る可能性もあるし、生協の方が加入者が多い分、掛金が安くて補償も充実してる」とあき父。
     発達障害は告知事項に該当しない様子。
     これもWeb申し込み。「本人にやらせりゃいいんだよ」ってあき父は言うけど、銀行引き落としとかお金の絡むことだからねえ…。
     他にも、学食で使うカード、クレジットカード、パソコンの購入予約、入学準備オンライン説明会の予約etc.「ちょっとちょっと、やること多すぎ!」「だから本人にやらせろって…」

    【引っ越し手続き】
    ・寮の入居申し込み
     オープンキャンパスの際に、バリアフリー相談室へ家事に不安があることを相談したら「食事付きの寮がありますよ~」と紹介されたので合格前エントリー制度を利用。合格の報告をしたら、数日後に契約書類が郵送されてきました。
     いつでも何かあったら相談できる管理人さんがいて(←これ超重要)、平日は朝夕の食事がついて、バストイレは共用な代わりに掃除もしなくていい。毎日同じ釜の飯食ってりゃ、もしかしたら友人の一人や二人もできるかもしれないし。
     という話をして納得していたはずなのに、いざ契約書を見たあき父「高くない?」いや首都圏だったらこんなもんでしょ…。
     大学のHPで他の寮の立地や家賃等を見てようやく納得してくれました。頼むから、毎度土壇場で騒ぐの勘弁して…。
     寮生目線で作った紹介ビデオがYouTubeにアップされてて、大変参考になりました(^ ^)
    ・布団ほか生活用品の購入
     寮からも生協からも家具家電のカタログたくさん来てるけど、とにかく部屋が狭い!ので「現地で採寸してから考えた方がいいよね」
     徒歩圏内にホームセンターがあることはGoogle mapで確認済み。
     テレビもあった方がいいんじゃないかとは思うけど「イマドキの学生はあまり見てないよ」確かに我が家だって最近はTVerやNHKプラス見てること多いしなあ…。
    ・転出入手続き
     学生は実家に住民票を置いたままのことも多いので悩んだけど、これからコロナの予防接種もあるし、もしも行政や福祉の支援が必要になった時に「住民じゃないから」で拒否されても困るので。
     コロナの感染拡大で県またぎの往来禁止になっちゃえば、いま居る場所でその土地の人に助けてもらわなきゃだものね。
    ・マイナンバーカード
     なんだかんだで作ってなかったんだけど、転居とか、医療情報との紐づけとか…A太郎には持たせておいた方がいいのかなと。
     今から申請しても、引っ越しまでに間に合わないかもだけど。
     頼むから無くしてくれるなよぉ。

    いまのところ、準備したのはこんな感じ。
    A4クリアフォルダーと箱形の書類入れが役に立ってます。
    プリントアウトした連絡先等は、クリアブックにまとめてA太郎に持たせるつもり。
    スポンサーサイト




    【2021/02/21 00:56】 大学 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック