FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    受験シーズンへ
    「共通試験の受験料、自分で振り込むよう担任に言われたのでお金を下さい」

    いつものように登校前、駅へ送る車中で
    A太郎からそう頼まれた。

    『これから大人になっていく人たちとして扱ってあげて下さい』
    保護者説明会では学校側からそんな言葉も出た。
    自分たちの頃とはずいぶん変わった受験事情。
    科目の選択とか、出願書類の記入とか、もちろん学校と相談しながらだけど、基本は全部自分でやる。らしい。

    私がしてやったのは、大学案内の本と、志望校の赤本を買ってやったことぐらい。
    あとオープンキャンパス、去年のうちに行っておいて本当に良かった。
    もう少しして志望校が確定したら、学生会館と、受験用の宿の予約もしてやらなきゃ。

    「障がい者用の特別配慮は、どうします?」と担任からご提案もいただいたけれど
    「別室受験とか、かえって緊張するから」とA太郎も言うし
    実際、試験の類はずっとみんなと同じように受けてきたので
    「申請しません」と
    言ったけど、でもなんだかもったいないような、微妙な迷いと緊張感。


    受験制度を変える変えない、コロナ休校からの様々な日程変更
    ましてやこういう子だから
    心配は絶えないけれども

    受動型だからこそ、親に言われて変えたら絶対後悔する
    自分がやりたいと思ったことを精一杯頑張ればどんな結果でも受け入れられるから
    もしうまくいかなくても、人生たいていのことは何とかなるから

    この18年間言い続けてきたことを
    改めて自分自身に言い聞かせる。

    泣いても笑ってもあと半年。
    丁寧に過ごしていかなきゃね。



    あき父は
    「なんだかんだ言って、こうして大学受験するって状態まで来れたんだよなあ」
    と、感慨深い様子です。

    『知的障害児通園施設』の看板の前でため息をついていた夫の姿を思い出します。
    頻発するパニック、言葉の遅れ、
    普通に幼稚園や保育園に通わせるのは無理だと
    一生福祉のお世話にならなければ生きていけない子だと思い定めたあの日から
    気が付けば10年以上の歳月が過ぎて

    本当に大変なのは、むしろこれからだよ。
    でも人生の初めに、やさしい人たちに出会えたこと
    人間は、世界は怖くないと思って踏み出していけることは
    A太郎にとっての幸福だと思う。
    スポンサーサイト



    【2020/09/21 12:43】 高校生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック