FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    学級閉鎖からの突然の休校
    2月はQ次郎の小学校にインフルエンザの嵐が吹き荒れました。

    2/11の建国記念日明けから学級閉鎖。
    閉鎖期間終了間際に、Q次郎発熱。A型陽性で5日間の登校停止。
    他にも学級閉鎖になっている学年もあって、予定されていた地区子ども会の歓送迎会は中止に。
    例年、5年生が考えた出し物で盛り上がり、下級生たちの作った花道を通るのを
    卒業生であるQ次郎たちはとても楽しみにしていたんだけど「仕方ないよね…」

    でもこれが自粛騒ぎのホンの序の口であることなんか、当時は知る由もなかった。

    2月の最終週、やっと学校再開。
    インフルに警戒しつつ短縮日程で行われた最後の授業参観は
    子どもたち自身が製作・企画した「美術館」。
    それぞれの個性あふれる製作物、全校生徒に「見に来てください」と呼びかけたポスター。
    予想以上の出来で「子ども達、成長したよね」と親同士喜び合った。
    子ども達からは担任に向けた感謝のメッセージも。
    「インフルで遅れた授業とりもどさなきゃ、卒業式の後も補習になっちゃうかもw」
    「小学校生活あと13日、頑張ろうね」
    そう言って笑顔で別れた、その日の夜。

    あの発表があった。

    「3月2日から春休みまで、全国一斉休校にします」

    え…?

    今日は2月27日、木曜日。

    明日。2月28日金曜日をもって、学校が…終わり…?

    嘘でしょ。
    だってこの地域、まだコロナ患者出てないよ。
    子どもは重症化リスク小さいんでしょ。
    健康観察期間が2週間だから、とりあえず2週間の休校でいいじゃない。そしたら卒業式まで3日ある。友達と最後の時間を過ごせる。それじゃダメなの?どうして?
    休校期間中の課題の準備とか、今日言われて明日なんて、先生たち用意できるの?無理じゃない?

    いろんな考えがグルグルして、頭が真っ白になった。

    呆然としている母にQ次郎が「どうしたの?」と聞いてきた。
    「明日で、学校終わりかもしれない」とネットニュースを見せた。

    「冗談でしょ?」
    「なんで?なんで?なんで?」


    子どもたちの生命と健康を守るためとかいう
    見え透いた、でも誰にも反論できない理由付けにも腹が立っていた。
    学校発のクラスター感染を防ぎたいんでしょ。本当に守りたいのはハイリスクの高齢者でしょ。なぜ素直にそう言わない?
    なめてる、こいつら子どもたちをなめてる。
    声を上げられない弱い人、言いやすい人たちを犠牲にして、自分たち仕事してます感を出したいだけじゃないか。

    先生方は本当に頑張って仕事して
    翌日、課題をどっさり配布してくれた。
    じっくり別れを惜しむ余裕もなく、大量の荷物を抱えて慌ただしく下校して
    とにかく風邪をひかないように
    市内で感染者が出ないように祈りながら
    息を詰める生活が始まった。

    あまりの批判の大きさに、オトボケ総理は28日の夕方になって「地域の実情に応じて柔軟に」とか言い出した。
    おせーよ。ホントふざけんなよと言いたかった。いや実際言った、テレビに向かって。
    文科相も与党幹部も14日間推しだったのに
    子どものことなんか、現場のことなんか何にも解っちゃいない首相とその腰巾着が事を決めたらしいと解ってくるにつれて

    「はぁ?なにそれ」
    「俺、大人になったらちゃんと考えて投票する」
    ありがとう、子どもたちに政治の大切さを教えてくれて。
    スポンサーサイト




    【2020/05/09 16:29】 時事雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック