FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    ベビーシッター、案ずるより…?(下見編)
    ベビーシッター検討編の続き。
    紹介所からもらった資料を検討した結果、二件のうち若干規模が大きくて自宅からも近い方にほぼ気持ちは固まった。実際に電話をかけてアポイントをとる前に、車でひそかに周辺の下見に出かけてみた。紹介所からの資料にはストリートの名前だけで番地は書いてなかったのだが、行けばきっとそれらしい建物が見つかるに違いない、と思ったのだが…。

    周辺はいかにも住宅地、という一帯でいきなり道に迷い、ようやくたどり着いた「サンセット通」を端から端までゆっくり転がしてみたのだが、どう見ても普通の民家ばかりで看板ひとつ出ていない。
    次の日、別の資料からようやく番地を探し出して米国Yahoo!のmap検索で正確な位置と運転経路を検索。ようやく探し当てたデイケアホームは、本当に知らなければごく普通の民家だ。しかも向かいは墓地(- -;)

    しかしとにかく動いてみないことには始まらない。それにしょせん臨時預かり、月に数時間、彼が機嫌よく安全に過ごせればそれで良し。意を決して電話をかけ、例によって散々苦労したあげく、とにかく翌日の午後に訪問することになった。


    お昼寝中だったあきのすけを寝ぼけ眼のまま車に乗せ、今度は迷わずに到着。しかし知らない場所にいきなり連れてこられたあきのすけ、まだ眠いこともあって嫌がってなかなか車から降りてくれない。ようやく引きずり出して呼び鈴を押すと、いかにもしっかり者という感じのおばあちゃんが出てきた。

    紹介所から事前に打診があったらしく、先方はだいたいの事情は解っているようだった。
    「それで、何か質問はある?」と聞かれて、料金の確認、夕食の支給について、預けたい日時、キャンセル時の手続き、などについて話をし、一番肝心の「autismの子をみたことは?」という質問には「何人もあるわよ」と自信たっぷりの返事が返ってきた。
    その間あきのすけは、私の隣の椅子で固まっていたのだが、ご主人に「Hey boy, hello」と手を振ってもらうと、おずおずと手を振り返した。
    「Oh, he seems to be high function!(高機能タイプね)これなら心配ないわよ。」

    その日は5~6人の乳幼児がいて、老夫婦と助手の若者の三人で世話をしているらしかった。子供たちは私に人形を渡したり、あきのすけと「僕の靴同じ!」と見せに来たり。柵で囲った裏庭には遊具が置かれ、階段にはベビーフェンス、地階にはオモチャや教材、バスルーム。まるでおじいちゃんおばあちゃんが孫たちに囲まれて、という文字通り家庭的な雰囲気だった。あきのすけはいつのまにかプレイルームの片隅で子供たちに混じって遊んでいる。

    「じゃあ、来週の木曜日の5時に連れてきます。提出書類はそのときに一緒に持ってきますね。」と席を立ったのだが、あきのすけは椅子から降りようとしない。
    苦笑しながら「He wants to stay here.(帰りたくないみたい) ほら、心配しなくても来週また来るからね。今日はバイバイよ。」「ばいばーい」

    さてこれで懸案がひとつ片付いた。
    利用してみて特に問題がなければ、近所の日本人ママ友達にも紹介できるかも。お金は、ちょっとかかるけど(汗)
    スポンサーサイト



    【2006/02/06 12:37】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック