FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    あきのすけと英語2
    元々意味不明の独り言が多いあきのすけだが、最近はそこに学校で覚えた「英語もどき」も混じるので、ますます困っている母である。
    食事時に立ち歩くので「座りなさい。(椅子を指差しながら)Sit down!」と注意したら「しゅーどん!」という返事が返ってきた。何をふざけているのかと思ったら、Sit downがあきのすけ語では「しゅーどん」になるらしい。
    遊びに飽きてきた時「おうどん、おうどん!」(“ど”にアクセント有)と連呼するのでお腹がすいているのかと思ったら、All done.(できた、おしまい)だった、なんてことも。


    さて、先日のHome visitの宿題の中に、
    「二語文以上を話すお子さんについては、最近お子さんが話した長い文章の例を三つ挙げてください。」
    というのがあって、はたと困ってしまった。
    日本語の「食べてる」を直訳したらbe eatingだろうが、それでは一語が二語になってしまう。
    お風呂で発する「あっくん(僕)、あたまあらう」はI will wash my head.あるいはPlease wash my head.としたいところだが、彼が助動詞や代名詞、あるいは命令形を使いこなしているわけではないので、そういう意味ではこの訳は誤りである。
    「これから、『はらぺこあおむし』えほんを、はじめます」
    From now I will start to read a picture book of “The Very Hungry Caterpillar”. 
    …ぜんぜん違うな。こんなくどい文章であるわけがない。
    意味だけでなく文法的複雑さ、正確さ(というより不正確さ)まで反映した訳文を作るのは至難の業だ。
    結局、
    ・りす、みかんたべてる→Squirrel eat orange.
    ・あっくん、あたまあらう→I wash head.
    ・これから、○○えほんを、はじめます→Now start book of “(title of a book)”.
    という珍妙な英作文をひねり出す羽目になった。文法的正確さはあえて無視したのだが、単に私の英語がどうしようもなく下手なだけとP先生には思われるかも。
    日常会話もままならないのに翻訳家の役割まで要求されるのだから困ったものだ。
    お願いだから帰国後なにかあっても私に通訳を依頼するのだけは勘弁してください。>各位
    スポンサーサイト



    【2006/02/05 09:47】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)

    この記事に対するコメント
    日曜日の午前、真冬日の予報が出ている中、日差しは明るいです。
    そっかぁ、あきのすけくんの生活の中の言葉を聞き取るのにあき母さんが日本語と英語の両方を駆使しているんですね。
    きっと、日本語の中で育った子も、英語の中で育った子も、3歳ぐらいの年齢で3語文を話すときの文法はあまり気にしないでいいんじゃないかな。(ちゃんとした文法でお話できる子はあまりいないと思いますよ。)あき母さんの英訳したあきのすけくんの言葉は私には、英語で十分通じるから。と、いっても「small change」が使えず、あたふたした人が言うのもなんだかねえ・・・(ううん、あの体験は強烈に心にのこってるんだなあ・・・)
    帰国後の通訳のことは、私よりも頼りになることは確かだと思いますが、そのことは帰国後、としても、あきのすけくんの言葉を周りの人が聞き取っていくための手助けをあき母さんにしてもらうことは大切になると思います。あきのすけくんが生活の中で獲得し、使っている言葉を帰国後の環境の中で受け止め、活かし、次につなげていくためにできることを考えていく時に、あき母さん、周りに教えてくださいね。




    【2006/02/05 11:53】 URL | めがねのあやこ #-[ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック