FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    09 | 2018/10 | 11
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    RECENT ENTRIES
  • 耳の痛いこと言ってくれる人がいなかった不幸(10/02)
  • 宇宙との交信(08/12)
  • 淡々と夏休み(08/12)
  • それなりに、青春。(06/09)
  • 移動の自由って重要(06/09)
  • 神はいる。(04/14)
  • 定期券~(涙)(04/12)
  • 入学オリエンテーション(03/24)
  • 新カテゴリ「高校生活」スタートです(02/16)
  • 『オランダへようこそ』ドラマ「コウノドリ」で紹介(12/23)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (161)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (36)
  • きょうだい児 (23)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (38)
  • 時事雑感 (46)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (31)
  • 小学校 (40)
  • 社会活動 (10)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (6)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    『赤毛の人は歯医者が嫌い?』
    ナショナルジオグラフィック日本語版6月号に
    ↑タイトルの小記事がありました。

    いわく、
    赤毛は皮膚の「メラノコルチン受容体-1」が突然変異した結果なのだが
    脳内にも不安や痛みを感知するよく似た受容体があり
    これが何らかの影響を受けて活性化するのではないか、と。
    米国の臨床麻酔の研究グループによると
    赤毛の人は麻酔が効きにくいのだそうです。



    日本人母の間では、自閉症児は色白という俗説が(笑)あるんですが
    もしかしてモンゴロイドの場合は、メラノコルチン受容体-1に変異があっても
    赤毛という表現型に至らないで「ちょっと色が白いね」程度におさまるんじゃないか?

    赤毛の遺伝子と、脳内の「不安や痛みの受容体」
    (学術記事ではないのでこれが何であるかまでは解らないのですが)
    は、イコールではないので
    赤毛でなくてもこれが活性化している可能性は、十分あると思うのですね。



    さて、我が家の自閉症児くんですが
    昨日、初めての抜歯を経験してきました。
    と言っても
    「乳歯が抜けきらずに残ってますよ」と学校の健診で指摘されて
    レントゲンを撮ってもらったら
    「骨からはもう完全に離れていて、歯茎に付いているだけなので
    注射とかしないで、表面麻酔だけでいけると思います」というもの。

    「自然に抜けるのを待ってもいいけど、もう大人の歯が生えてきちゃってるので
    虫歯になってもいけないし、抜いた方がいいと思うよ」と先生。
    「お父さんは前々から抜いてもらえって言ってたけど、あとは本人の決断次第ですね」と私。
    ここまで外堀埋められちゃあ、「抜く」って、言うしかないよねえ、あきのすけ(^ ^;)

    ちょっと緊張してましたけど
    騒いだり、暴れたりすることもなく
    意外にあっさり終わりました。
    抜いた歯は、可愛い歯の形のケースに入れて持たせてくれました。

    歯並びは悪いので、いずれ歯医者とは縁が切れなくなると思うのですが(爆)
    スモールステップで経験できて良かったかな?と思います。


    つい数日前、親の集まりで「歯医者どうしてる?」という話が出て。

    あきのすけの場合は、全然意図したことじゃなかったんだけど
    私自身が、親知らずの抜歯とか歯周病の治療とかで
    あきのすけの妊娠前からお世話になっている歯科医院があって。
    「赤ん坊の預け先がないから通院できません」
    「じゃあ連れてきちゃいなよ。院長室でビデオでも見せて、看護師が交代で見ててあげるから」
    ということで
    彼にとってはその歯科医院は「遊びに行くところ」だったんですねえ。
    そういえば不思議にここではパニック起こしたことなかったな。

    豪放磊落な院長と
    柔和な副院長と、全くタイプの違う先生がいて
    子どもたちの治療はいつも副院長先生にお願いしてるんですが
    説明も丁寧で、痛くないよういろんな麻酔の方法を上手に組み合わせてくださるので
    私も自信を持って「あの先生なら大丈夫」と、息子にお勧めできます(^ ^)v
    (この先生、どうなんだろう…)っていう親の不安って、子どもに絶対伝わりますものね。

    ある程度知恵がついて、我慢もできる年頃になるまで
    虫歯にならないで来れたのも幸いだったなと思います。

    様々な出会いと幸運に、感謝です
    スポンサーサイト
    【2014/06/11 10:27】 研究動向 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック