FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    07 | 2018/08 | 09
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    RECENT ENTRIES
  • 宇宙との交信(08/12)
  • 淡々と夏休み(08/12)
  • それなりに、青春。(06/09)
  • 移動の自由って重要(06/09)
  • 神はいる。(04/14)
  • 定期券~(涙)(04/12)
  • 入学オリエンテーション(03/24)
  • 新カテゴリ「高校生活」スタートです(02/16)
  • 『オランダへようこそ』ドラマ「コウノドリ」で紹介(12/23)
  • あきのすけ、文化祭で発表する(4)(10/10)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (161)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (36)
  • きょうだい児 (23)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (38)
  • 時事雑感 (45)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (31)
  • 小学校 (40)
  • 社会活動 (10)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (6)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    久しぶりの検査
    三年ぶりに、あきのすけに発達検査を受けさせました。

    小2の時のWISC-IIIでは、ありえへんぶっ飛び全IQが出てきて
    「先生~大甘な評価したでしょお」と言いつつ
    実は「この子天才?」と内心天狗になっていたバカ親ですが

    今回受けたIVでは、全IQは「人並み」でした。
    初対面の、病院の心理士さんがやってくれた検査なので…まあこっちの方が真実だよね。と
    ホッとしたような、残念なような。

    IVで導入されたWMI(ワーキングメモリー)
    私はてっきり「同時処理能力」を見るものだと思っていたのですが
    「聴覚的な記憶能力」を見ているんだそうで
    あきのすけは、これが飛び抜けて高いという、予想外の結果でした。

    同時処理はPSI(処理速度)の中の「記号探し」という項目になるんだそうで。
    視覚的な弁別力も弱いと言われました。
    確かに、このごろ漢字の書き間違いが多い。「滴」のつくりが「商」になってるみたいな細か~いレベルの。

    VCI(言語理解)では
    知識力が高い、語彙が多い反面
    日常のルールや相手の気持ち、常識的な事柄を問う「理解」の項目が低いと出ました。

    PRI(知覚推理)は、目から入る情報を統合する能力とのことで
    「積木模様」で最後の問題以外全問正答という好成績で視空間スキルの強さを見せつけた一方で
    「行列推理」のポイントが低く、これは曖昧なものの理解が苦手、想像力の弱さを示しているのではという説明を受けました。

    聴覚的な記憶は強い、一方で
    行動観察の所見では、言葉のみでのやり取りだと落ち着きがなくなったり、関係のない話を始めたりすると。
    独特な話し方っていうのも、親はもう慣れちゃってるけど
    改めて第三者に指摘されると、ああやっぱりそうなんだなあ、と思ったり。

    まあ、相変わらず典型的な自閉くんだよなあ、という
    納得の検査結果でございました。

    で、後から思ったんだけど
    彼の生きづらさの中でおそらくかなりのウエートを占める「不器用さ」って
    心理検査ではあまり評価されないんだなあ。
    まあ、見れば解るからいいんだけど。

    さて、この結果を受けて
    中学への準備をどうしていくか。です。
    スポンサーサイト

    【2014/04/11 23:50】 療育(日本) | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック