FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    07 | 2018/08 | 09
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    RECENT ENTRIES
  • 宇宙との交信(08/12)
  • 淡々と夏休み(08/12)
  • それなりに、青春。(06/09)
  • 移動の自由って重要(06/09)
  • 神はいる。(04/14)
  • 定期券~(涙)(04/12)
  • 入学オリエンテーション(03/24)
  • 新カテゴリ「高校生活」スタートです(02/16)
  • 『オランダへようこそ』ドラマ「コウノドリ」で紹介(12/23)
  • あきのすけ、文化祭で発表する(4)(10/10)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (161)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (36)
  • きょうだい児 (23)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (38)
  • 時事雑感 (45)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (31)
  • 小学校 (40)
  • 社会活動 (10)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (6)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    逃げないということ
    先日、小学校のPTA役員決めがありました。

    うちの地域は在学中に
    クラスの役員と、地区PTAなる町内会を単位とした組織の役員とを
    それぞれ最低一回ずつ引き受けなければならないシステムです。

    あきのすけは在籍は支援級ですが
    「原級」と呼ぶ普通学級に、ちゃんと五十音順の出席番号を頂き、座席もあって一緒に授業を受けていますので
    こうしたお役目についても免除措置はありません。
    来年度は地区PTAの三役をお引き受けすることになってしまいました
    (ホント、こういう時の私のくじ運って…)。

    なんで健常児の面倒までみなアカンねん的なブラックな想いも、まああるにはあるわけなんですが
    それはともかく。


    クラスの役員の方も、6年生ともなると既に一度はやった人たちがほとんどなので
    ・地区PTA会長
    ・学級会長経験者

    というように、負担の大きい人たちをまず除外して
    未経験者には優先して役に就いてもらって
    残った人たちで、恨みっこなしのジャンケンなりくじ引きなりで決めましょう、と
    そういうシステムになっているのですが。

    「ご家庭の事情で、○○さんはお引き受けできないというお申し出を頂いていますので、ご了承いただけませんでしょうか?」
    という方が数名。
    ふーん、それで了承してもらうってアリなんだあ。
    お引き受けできない事情って
    まあ個人情報だから言えない、言いたくないってことなんだろうけど
    それ説明しないでも話が通っちゃうんだあ。
    と、ちょっぴりモヤモヤ。

    で、最後に
    過去に役員未経験で、本日欠席で、引き受けられない事情のお申し出すらない、という人が一名。

    本来なら欠席裁判で、ハイ役員決定!となる状況なんだけど
    「その方、地区の方にも一度も顔を出されたことがなくて…」
    「うーん、そういう無責任な人に役員押しつけても、結局周りが迷惑だよね。外しましょう」

    逃げ得かいっ

    でもその瞬間、彼女、クラス全員を敵に回したよね。

    そういう人のお子さんっていったい…
    どんな子?ってあきのすけに聞いてみようか、と思いかけて

    イヤイヤ、常日頃「親と子は別人格。子への評価が親への評価と思っちゃいけない」って自分で言ってるじゃないか。
    精神障害の親を持つ子の苦悩が、最近テレビや新聞で取り上げられていたじゃないか。
    子どもは無実。そういう目で見ちゃいけない。
    と、慌てて自分を戒めたのですが。


    ひるがえって、もし私が
    『普通級で、ちょっと浮いてはいるけどまあそこそこ上手くやれている』程度の息子の障害を理由に逃げを打ったなら
    きっと周囲には厳しい視線で見られたんだろうな。
    それは子どものあきのすけにも向けられたんだろうな。

    役員、しんどいけど、みんな基本的に普通のお母さんだから
    誰がやってもそれなりに回るようなシステムになっている。
    みんな明日は我が身、もしかしたら自分がその立場だったかもって思ってるから
    多少のことは目をつぶってくれる。力が足りなければ助けてくれる。
    5年間過ごしてきた中で、ここはそういう地域だって思えたから。

    人の顔が覚えられなくて、気が利かなくて
    自信なんか全然ないけど。
    うまくやれなくても、いいんだ。
    自分にできることを、やってみればいいんだ、きっと。
    スポンサーサイト

    【2014/02/07 11:25】 小学校 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック