FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    09 | 2018/10 | 11
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    RECENT ENTRIES
  • 耳の痛いこと言ってくれる人がいなかった不幸(10/02)
  • 宇宙との交信(08/12)
  • 淡々と夏休み(08/12)
  • それなりに、青春。(06/09)
  • 移動の自由って重要(06/09)
  • 神はいる。(04/14)
  • 定期券~(涙)(04/12)
  • 入学オリエンテーション(03/24)
  • 新カテゴリ「高校生活」スタートです(02/16)
  • 『オランダへようこそ』ドラマ「コウノドリ」で紹介(12/23)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (161)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (36)
  • きょうだい児 (23)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (38)
  • 時事雑感 (46)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (31)
  • 小学校 (40)
  • 社会活動 (10)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (6)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    ザラ半紙バンザイ
    『アスペルガー症候群・高機能自閉症の人のハローワーク』
    テンプル グランディン、ケイト ダフィー著
    という本を読みかけて、まだ途中なんですけれども。

    障害特性と、職場で必要な配慮についての記述の中で、

    背景と文字のコントラストが強すぎると読みづらい場合がある

    という記述があって。
    例えば薄い青や緑の紙に印刷したり
    透明なプラスチックシートや下敷きを重ねることで読みやすくなる。
    という方法が紹介されていたんですが

    そう言えば
    あきのすけ、絵本を読む時に
    食品保存容器(たとえばジップロックコンテナーとか)の青いフタを持ってきて
    誌面に重ねて読んでいた時期がありました。

    気が散りやすい子なので、「窓」を作ることでその部分に集中できるのかなー、ぐらいに思っていたんですが
    「窓」なら別に白いフタでもいいわけで
    (実際、成形ポテトチップの白いフタを使っていたこともあるんですが)

    そうか、もしかして「色」も重要な要素だったのか。
    と思いました。

    視覚刺激をコントロールする方法として、
    サングラスやゴーグルはニキ=リンコさんのおかげで随分浸透したと思うのですが
    こういう見え方の問題ってあまり取り上げられることがないので
    (だってみんな自分に見えている世界が「普通」だと思ってるから)
    面白いなあと思いました。



    で、今朝、新聞を読んでいてふと思ったんですが
    新聞に使われている紙って、決して「キレイな紙」ではないですよね。
    それがかえって、文字の濃さとのコントラストを適正に保って
    長時間読んでも疲れにくい効果を生んでいるのではないかと。

    思えば我々の小学生の頃
    学校から配られるプリントは基本的に「ザラ半紙」(*1)に印刷されたものでした。
    真っ白な紙に印刷されるのは、
    音楽会のプログラムとか、入学式や卒業式の案内とかそういった特別なものに限られていました。
    あのちょっと灰色がかったような独特の色合いは
    いま思えばまことに目にやさしい、いい色合いだったんじゃないでしょうか。

    ガリ版がコピー機に替わり
    教科書がかわいらしいイラストたっぷりのカラフルなものに替わり
    まばゆいばかりの真っ白な紙に明朝体(*2)で書かれた文書が素人でも家庭のプリンターで作れるようになって
    キレイになった、と世間の人々が喜ぶ一方で

    もしかしたら、よけいな苦労を新たに強いられる子どもたちがいたのかもしれないと思います。

    携帯端末のおかげで救われる子どもたちもきっとたくさんいる。
    でも、紙媒体の新聞や書籍を必要とする人たちもきっとたくさんいるから

    技術の進歩について行けない自分がいた時
    その進歩の方向性は正しいのか?と
    誰のための技術なのか?と
    たとえ笑われても問うてみる勇気が
    これから中高年に突入していく我々世代には必要なのかもしれません。
    (*1)
    「ザラ半紙」は関西地方の呼び方で、正式には「わら半紙」と言うんだそうです。
    「ペン先や鉛筆の先が引っ掛りやすく…消しゴムで消すと破れることもあった。」(Wikipedia)
    確かにそうでしたねえ。そういう意味ではやっぱり使いにくい紙だったのか。
    でもそれは「子どもがガサツなせいじゃなくて紙のせい」に出来た時代でもあったかも。

    (*2)
    読字障害の方たちには、明朝体というのは非常に読みづらい書体なので
    ゴシック体系統にしてもらうだけでもだいぶ違うんですよ…という話を伺いました。
    でもWordのフォント設定って、デフォルトは明朝体なんですよね。
    だから無意識に入力すると、明朝体の文書が出来上がっちゃう。
    いえ、自分で設定変更すればいいんですけど。

    スポンサーサイト

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック