FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    09 | 2018/10 | 11
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    RECENT ENTRIES
  • 耳の痛いこと言ってくれる人がいなかった不幸(10/02)
  • 宇宙との交信(08/12)
  • 淡々と夏休み(08/12)
  • それなりに、青春。(06/09)
  • 移動の自由って重要(06/09)
  • 神はいる。(04/14)
  • 定期券~(涙)(04/12)
  • 入学オリエンテーション(03/24)
  • 新カテゴリ「高校生活」スタートです(02/16)
  • 『オランダへようこそ』ドラマ「コウノドリ」で紹介(12/23)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (161)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (36)
  • きょうだい児 (23)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (38)
  • 時事雑感 (46)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (31)
  • 小学校 (40)
  • 社会活動 (10)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (6)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    毒舌キャラが受ける理由
    深夜番組の「怒り新党」というのが気に入って、旦那とふたりでよく観ている。

    あきのすけが生まれて以来、民放の番組はあまり見ていなかったので
    有吉くんがいつの間に毒舌キャラになったんだろう?とか
    マツコさんも以前は嫌いだったんだけど、実は結構常識人だよね、とか。

    で、視聴者から寄せられる「私はこんなことに怒っています」というのが
    なかなか興味深い。

    私も、世間一般の感覚からずれてるヒトを自認しているので
    「ああ、こういうのって周囲をイラつかせるよくない言動なんだ」( ..)φメモメモ
    「こんなことに目くじら立てる人がいるんだ、気をつけなくっちゃ」と思っていたら
    『そんなの気にする方がおっかしいよねえ』って出演者にコテンパンにされていたり。
    「その感覚、あなた絶対アスペでしょ」な意見があったり。

    例えばいつだったか、「すぐ検索する人に腹が立ちます」という投稿に、なんで?と思っていたら
    『あの思い出せなくて、なんだったっけ~とか言い合うのが楽しいのよ』というマツコさんの解説に
    へ~、そうなんだ~。
    自分はそれを楽しめなくてイライラしちゃう人種なので
    (いまどきちょっとググりゃすぐ解ることなのに、なにグダグダ言ってんだコイツら?)と不思議で仕方なかったので
    そう言ってもらったら、よくわかりマス。

    と同時に、それを楽しめない人種が世の中にはいるんだってことも理解してほしいよなあ、とちょっぴり思います。

    でもまあこうして、人々が自分の中で「こんなのジョーシキでしょ?」と思ってることに
    ちょっと風穴を開けてもらうのはいいことだなーなんて思います。


    それにしても
    毒舌キャラが人気なのは
    自分が言いにくいことを代弁してくれる爽快感があるからなんだろうけれど
    裏を返せば
    どれだけ世の中の人々が言いたいことも言えないで我慢しているんだろう、と思います。

    空気が読めるから楽に生きられるってわけじゃないんだろうな。

    でも、ふと思ったんだけど
    「空気読めよ」「そのぐらい察しろよ」っていう人たちは
    逆にどのぐらい相手の気持ちを察することができているんだろうね。

    自閉症児に向かって言葉を覚えなさいとか
    他人の感情が読めるようになりなさいとか要求しておいて
    自分の考えていることは「言わなくても察してほしい」って、おかしくない?

    そっちこそ、そのぐらい察してよ。
    せっかく発信能力あるんだから、甘えないで、きちんと伝えてよ。
    って言うと、ケンカになっちゃうのかな。

    単純な、give & take。
    相手にひとつ求めるなら、自分からもひとつ歩み寄る。
    それだけのことなのにね。
    スポンサーサイト

    【2013/03/07 11:34】 時事雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック