FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    科学情報の伝え方
    普段はせいぜい2、30アクセスしかない、身内と友人しか見ないしょぼしょぼブログなのに
    11/27(火)のアクセス数が400越えしててビックリ。
    なにごと?!炎上しているわけじゃなさそうだけど…?と思ったら、
    自分でも書いたことを忘れていた
    この過去記事へのアクセスでした。

    ミクログリアと自閉症
    http://akihaha.blog17.fc2.com/blog-entry-441.html


    ヤフーニュースで

    <自閉症>脳内で免疫細胞活発化 抑制で治療に道
    毎日新聞 11月27日(火)2時31分配信

    なんていうセンセーショナルな見出しのニュース記事が配信されたので
    検索サイトから飛んできてくださった方が大勢いらっしゃったみたいです。

    私もこういうニュースが出ていることはある方から教えていただいたんですが
    あー、また例によって
    実験事実から飛躍したタイトルで煽ってるなー、これだからネットニュースは…
    と思ってスルーしていました。


    まず、ヤフーニュースに配信された毎日新聞の記事(全文引用)


     自閉症の人の脳では、そうでない人と比べてある種の免疫細胞の数が増え、その活動も活発になる傾向があることを、浜松医大と中京大などのグループが臨床研究で確かめたと発表した。この細胞の働きを抑えることができれば、自閉症の治療や予防法の開発につながるという。米国の精神医学専門誌(電子版)に27日、論文が掲載される。

     研究グループは自閉症の人たちのNPO法人「アスペ・エルデの会」(名古屋市)の協力を得て、18~30歳の自閉症男性20人の脳の様子を、浜松ホトニクスが開発した特殊なPET(陽電子放射断層撮影)装置で観察し、自閉症でない男性20人と比べた。すると、自閉症の人では脳内の損傷修復を担う免疫細胞の「ミクログリア」が各部位で一様に多く、活発になっていた。

     ミクログリアは胎児期に脳に定着すると考えられている。研究グループは、自閉症の人は複数種類の神経で情報伝達がうまくいかないことを確かめており、これにミクログリアの異常が関わっているとみている。浜松医大の森則夫教授(精神神経医学)は「症状との関係が分かれば、働きを抑える治療が可能になると思う」と話す。


    この研究で明らかになった事実は
    「自閉症者の脳内ではミクログリアの活動が活発化している」
    ということです。

    活発化している、というのを、何を指標にして評価したのか
    私はPETという装置はよく知らないし、記事中では言及されていませんが。

    ミクログリアが活発化している、ということと
    自閉症者の脳神経で情報伝達がうまくいっていない、というふたつの現象が同時に起こっている、という時に
    そのふたつの現象に本当に関連性があるのかどうか、
    どちらが原因でどちらが結果であるのかは
    この記事の内容だけでは解りません。
    この研究グループが「関わっていると“みている”」だけです。
    それを裏付ける追加の実験データなり、他の論文なりが必要です。

    森教授は「症状との関係が分かれば、働きを抑える治療が可能になると思う」とコメントされています。
    関係が分かれば、という前提付きです。つまり、まだ分かっていない。
    もしかしたら関係ないかもしれない。
    分かっても、治療に結びつかないかもしれない。

    それを一足飛びに、明日にも治療法が開発されるかのような見出しをつけてぬか喜びさせるのはどうなんだろう…
    と思っちゃいます。

    きっと、タイトルに「?」がついてれば良かったんですね。スポーツ新聞みたいに。


    同じ内容を報じた日刊工業新聞の記事はこうです。


     浜松医科大学や中京大学などの研究グループは26日、自閉症患者の脳内には「ミクログリア」と呼ぶ細胞が過剰に活性化していることを明らかにしたと発表した。
     陽電子放射断層撮影(PET)で自閉症患者と健常者の脳内を詳細に調べ、自閉症患者の脳内の広範な部位ではミクログリアの細胞数が増え、活性化が頻繁に起こっていることを確認した。これらの異常は胎児期に起こっている可能性があるという。自閉症の病態解明への貢献が期待される。
     ミクログリアは、脳内にある神経細胞以外の細胞であるグリア細胞の一種。通常は神経細胞の修復を助ける機能を持つとされる。ミクログリア異常と自閉症との関連性を指摘する報告は、小脳など特定の部位に限定した研究は存在した。しかし、生きた脳を使って脳全体を調べた研究はなかった。


    そう、この論文の新規性は、「生きた脳を使って脳全体を調べた」ことにあるんです。
    ですからこの論文に対する評価はあくまで「病態解明の一助」
    自閉症者の脳内で起こっている現象のひとつを明らかにした、ということにとどまるのでは。

    研究によって得られた事実は客観的で不動のものです。
    でもそれをどう解釈し意味づけするか、には、論文を書いた研究者の主観というバイアスがかかります。
    ネットや新聞の記事になる際には、研究者から話を聞いた記者の主観が入ります。
    その過程で伝言ゲームのように情報が歪められている可能性を、受け取る側は常に心にとめて
    途中経過をすっ飛ばした希望的観測のみに踊らされないようにしたいと思います。


    浜松医大・中京大グループの今回のお仕事はもちろん大変大きな意義のあることですし
    協力されたアスペ・エルデの会の皆様にも、心から敬意を表したいと思います。
    先の記事で取り上げたように、ミクログリアと自閉症になんらかの関連性がある可能性は高いと思いますので
    今後の研究の進展を期待を込めて見守りたいと思います。


    本当はネット記事でなく元論文を読みたいところですが
    いち主婦だと入手するのも難しいんですよね…
    「米国の精神医学専門誌」としか書かれてないし。
    (まさか書けないくらい無名な怪しい雑誌、なんてオチはないと思いますが)
    スポンサーサイト



    【2012/11/30 10:42】 研究動向 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック