FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    個別指導計画は誰がどうやって作るのか
    来月にはあきのすけの学校で個人懇談があるのだけれど
    気が付いたら、今年の個別指導計画をまだ受け取っていないことに気が付いた。(いまさら)

    アメリカ並みのIEPミーティングをやれなんて、
    超忙しそうな先生方を見ていたらとても言えない。
    書類を書いたり会議をしたりするより、
    子どもと直接向き合ったり
    支援スキルを学ぶことに時間を割いていただきたい。

    最近はあきのすけもすっかり落ち着いて、特に問題らしい問題もなかったので
    私もすっかり油断していたのだ。

    でも他にも受け取っていないというお子さんがいて
    やっぱりそれはちょっと…という話をしたら
    保護者の意見を反映させたいので、どのような支援が欲しいか書いてくださいとプリントを渡された。

    もちろん、保護者の想いを聞き取り反映させることは必要だし絶対やってほしいのよ。
    でもね、理路整然と具体的にそれを伝えられる保護者って
    実はそんなに多くないのよ。

    優秀だった昨年度までの担任にいかに頼り切っていたかを自省しつつ
    なんとか記入して今朝提出して

    ホッとしてツイッターのTLを眺めていたら
    タイムリーに、カイパパさんのこんな過去記事へのリンクが。

    ひとりはひとり(だけど)
    (以下、引用の引用)

    生活相談って、基本はラフでいいと思います。
    無駄話をしながら、お茶飲みながら、100円均一ショップ
    でせんたくバサミやハンガーを選びながら、生活の話を聞く。
    商店街を一緒に歩きながら、病気の話を聞く。

    なんとなく話している中で大変な問題や悩みが、
    ぼそっと一言。
    これがほんまのSOSやと思います。
    そこを拾って一緒に解決していくのが、プロやと思います。
    はじめから整理して言葉できちんと相談できる人を
    相談者に想定していたら、氷山の下の人たちはいつまで
    たっても救われません。


    ああ、そうだ。
    送迎の際の立ち話、連絡帳に書いた子どものなにげない言葉や行動、
    改めて「お願い」なんかしなくても
    その中からいまの課題や、支援のヒントをこれまでは見つけていただいていた。
    私たちの本当の不満は、たぶんここだったんだ。


    もうひとつ、bouzan先生のブログより引用。
    支援ミーティング(&支援計画)の目的は!


    支援計画及び支援ミーティングの目的は何か?と聞かれて皆さんは即答できますか!

    私の答えは!

    【ノーマライゼーションと現在と将来のより質の高い生活の自立】だと考えています。

    目的は常にぶれてはいけません。

    (中略)

    その時々がより質が高い生活を自立的でありたいと願います。(もちろん支援つきでOK)


    ただ支援をくっつける作業ではだめです。支援をくっつけて自立度を下げ、将来の自立的な生活に影響を与えるべきではないのです。


    だからこそ、支援ミーティングでは、「支援」と「課題(教育内容)」の設定が重要になります。


    「いまあきのすけ君の学校生活において、あんまり問題があると感じないのだけど…」という交流級の担任に
    私はこう返事を書きました。

    「いま先生やお友達が優しくて許してくれていることも
    この先クラス替え、中学高校ではそうはいかない場面も出てくるでしょう。
    障害があるからできなくても構わないとは、私は考えていません。
    本人も、できるようになる方法を知りたがっていると思います。
    たとえ残り半年で解決できなくても、長期的に考えて改善すべき点は遠慮なくご指摘ください」

    つまり、こういうことを言いたかったんだ、って思いました。


    さて、来週どんなIEPが提示されるか
    ちょっと複雑な気分です。
    スポンサーサイト




    【2012/11/16 15:59】 小学校 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック