FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    Hands-On Museum
    昨日1/16はキング牧師記念日ということで学校はお休み。市内にあるHands-On Museumが無料開放されるという案内をもらった。居合わせた通訳さんが「ここ結構面白いですよ。うちは年間会員券持っています」とおっしゃったので、出かけてみることにした。

    建物は子供の喜びそうなカラフルな外観。こぢんまりという印象だったが中は意外と広かった。pre-school gallerlyという4才以下の子供専用のコーナーや、赤ちゃん用のプレイスペースもあり、トイレにはおむつ交換台完備、スナックコーナーへお弁当の持ち込みも可なので、長い冬の間小さい子を遊ばせに来るには良いかもしれない。

    展示内容は大人には少し物足りないかとも思うが、小学生くらいを対象にした体験型施設という位置づけらしく、子供たちが遊びながら科学の原理を学んだり楽しんだりできるようになっている。あきのすけも魚の水槽を覗いたり、電磁石のスイッチを入れたり発電機のローターを回したり、合わせ鏡を見て自分の顔がたくさん見えるので「みんな!」と叫んだり、ドライアイスのトルネードに触ってみたり、あれこれチャレンジしてくれた。
    なかでも、金属ピンをたくさん通したボード。下から押すと手の形にピンが持ち上がる(液晶標示の原理)というのだが、母が試しにやってみると金属ピンの感触が、痛くはないのだがツブツブザラザラと少し嫌な感じ。
    あきのすけにはちょっと辛いかな、と思いつつやらせてみたら、押す>持ち上がる、の因果関係がハッキリしているのが良かったらしく、母が次の展示に誘うまで熱心にやっていた。

    アフリカンミュージックの無料コンサートが今回の目玉。目の前で大小の太鼓を鳴らしてくれたり、みんなで声を合わせて歌ったり踊ったり。親指ピアノの音色に合わせて体をゆすっているうちに、遊び疲れたあきのすけはお昼寝を始めてしまった。
    pre-school gallerlyの片隅で30分ほど眠ったあと、持参のおにぎりを食べ、館内をもう一回りして帰途に着いた。
    駐車場代が少しかかったが(といっても3.6ドル)充実した一日だった。

    ちなみに普段なら入場料が二人で14ドルだが、会員になると年75ドルで何度でも利用でき、提携している国内外の270以上の施設にも無料で入れるとか。検索してみたが日本には提携施設はなかった。残念。
    スポンサーサイト




    【2006/01/18 00:41】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック