FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    KYT
    今朝の朝日新聞「ニッポン人脈記」で
    「KYT」
    なるものがあることを知った。
    危険・予知・トレーニング の頭文字をとってKYT。

    「子どもたち自身が危険を察知する感性を育てることが大事じゃないですか」

    そのセリフに反応してしまった。


    発達障害の特性として
    危険を察知するのが難しい、とよく言われる。
    道路に飛び出したり、高いところに登ってしまったり。
    なので幼児の親は、子連れで外出すると本当に神経をすり減らす。

    少し大きくなって絵本や絵カードなどを見てくれるようになると

    ×こうすると危ないよ
    ○こうすると安全だよ

    ということを知識として伝えられるようになっていくのだけれど
    たぶんそのための教材は
    親や幼稚園・保育園の先生等が自作することが多いのではないかなあと思う。
    ソーシャルスキルトレーニングの一環として。

    でもKYTでやっていることは、まさにそれと同じだ。
    ある場面のイラストなり写真なりを見せて
    その中に潜む「危険の芽」を探させる。
    △△だから××になる→じゃあ○○するといいよね
    ということを
    自ら気付き、実際の場面で応用できるように学んでいく。

    元々は労災防止の観点で、製造業等の現場で生まれた取り組みだが
    医療などの他業種や、教育現場にも広まってきたのだという。

    せっかく過去のノウハウがあるのなら
    作成されたシートをちょっとお借りして
    障害児の指導にも使えないかなあ、と思ったのだけれど

    「作ること自体に意義がある」とか言っちゃって
    タダで公開されているものはあんまりないみたい。
    まあこの辺りも、ソーシャルストーリーと一緒なわけで。

    市販本
    『子供たちの安全と安心のために―危険予知トレーニング(KYT)の進め方とモデルシート集 指導者用』

    東京消防庁幼児用教材


    ソーシャルストーリーを自作する、っていうと
    腰の引けちゃう方もたくさんいるので
    子ども会連合会でやっているという「KYT講習会」を
    保護者向けにやってもらうみたいなこと、できないかな?


    蛇足だけど
    車を運転していると、歩行者や自転車の挙動にヒヤッとさせられることがしょっちゅうある。
    もちろん交通弱者保護で車の方が気を付けなければいけないんだけど
    それにしても
    「アンタら生存本能ないんか」と言いたくなるぐらい
    自ら危険から身を守るという意識のない人が

    最近増えたのか、
    私の育った都市部に比べてノンビリしているせいなのか解らないけど

    危険から遠ざけるだけが
    子どもたちを守ることではないように思う。
    スポンサーサイト




    【2012/03/23 10:41】 療育(日本) | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック