FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    レジ袋よもやま話
    今回は子供に全く関係ない話。

    スーパーに買い物に行くと、レジでpaper or plastic?と質問される。持ち帰り用の袋を、紙袋にするかポリエチ袋にするか、という意味だ。黙っていたらplasticに入れてくれるのだが、こちらは大きさの違う袋を使い分けなどというデリケートなことをしないので、うちのような核家族でも一回の買い物で中くらいの袋が軽く五枚は集まる。試しにpaperももらってみたが、ガロン瓶の牛乳や湿った野菜を入れると破れそうだ。たまに持ち手が付いてないものがあり、駐車場から子供を連れて荷物を持って帰るのに苦労した。

    コストの関係か、ポリエチ袋の厚さは店で売っているものの値段に比例する。安いものが多い店のは薄く、少し高級な品揃えの店のは分厚い。薄い袋は破れることがあるので、重い物を入れる時は二枚重ねにしてくれる。

    アメリカ、特にここ中西部は土地が余っているので、ごみを焼却しないで、全部埋め立ててしまうのだとか(土壌汚染とか公衆衛生上の問題はないのだろうか)。分別、減量などという言葉は全くといっていいほど聞かない。家の中に生ごみを保管しておくと害虫の発生要因になるということで、ごみは毎日のように共用の巨大なTrash Binに投げ入れる。おかげでポリエチ袋が余って困ることはほとんどない。

    それでもリサイクルとかリユースということが全く行なわれていないわけではない。
    紙袋はリサイクルごみに出せるし、店によってはレジ袋を再使用したり手持ちの買い物袋に入れてもらうと、お会計からその場で5セント~10セント引いてくれるところがある。ほんの5円10円でも、その場で戻ってくるというのはなんとなくうれしくて、またこの店を利用しようかな、今度来るときは袋を持ってこよう、という気分になる。
    日本ではスタンプ20個集めたら100円返金というようなところが多かったが、たまにしか利用しないスーパーでスタンプカードを押し付けられても結局ごみになるし、レジでカードを探してあたふたするのもスマートでない。一種の顧客囲い込み作戦なのだろうがあまりいい方法ではないと以前から思っていた。店にとっては負担増だろうが、一会計につき5円、同じコストを顧客に還元するつもりがあるのなら、その場で返すというのもいい方法ではないだろうか。少なくとも消費者にとっては、有料化よりもよほどありがたい話である。
    スポンサーサイト




    【2006/01/08 20:43】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)

    この記事に対するコメント
    あき母さん、ありがとう。今日、今年初めての教室で、絵本の話のところで、記事とブログの紹介をさせてもらいました。ゆっくりとお話をする時間がとれなく、紹介で終わりましたが、遠く離れてはいても(距離が)、同じ時代(時)に生きていることを感じることができたらいいなあ、と思いました。・・・わたしたち大人も子どもと一緒にひとつひとつ体験しながら成長させてもらってるのを感じます。パソコンが苦手で苦手で・・・と、長年言い続けてきたわたしが、アメリカで生活をしているあきのすけくん、あき母さんの体験に触れさせて頂、そのことを伝える喜びにワクワクした気持ちでいたのを、今振り返っていました。あきのすけくん、あき母さん、わたしの世界を広げてくれて、ありがとうね。(ひらいて、つながり、送れるようになったことは、わたしにとってスゴイことでしたから・・・)
    【2006/01/13 19:47】 URL | めがねのあやこ #-[ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック