FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    「どんぐりころころ」3番
    今朝の朝日新聞で「どんぐりころころ」の3番の歌詞が紹介されていました。


    どんぐりころころないてたら
    なかよしこりすがとんできて
    おちばにくるんでおんぶして
    いそいでおやまにつれてった


    きっかけは、福島県相馬市に住む方の想いを伝えた読者投稿記事でした。

    “福島のどんぐりたちは、どじょう政権に遊んでもらった後、お山に戻れるのかなあ”

    今日の追跡記事では、その時の心境をこう語ってられます。

    “野田首相が自らをどじょうに例えた時に、どんぐりころころが頭に浮かんだ―私はどんぐりなんだ。
    (中略)
    みんな、どんぐりなんだ。お池にはまっている。誰でもいいから助けて”

    3番の歌詞を作られたのは、1、2番を作られたのとは別の方、作曲家の岩河三郎さん。
    岩河さんは平成16年にNHKの取材の中で
    リスは歌詞に「お母さん的愛情をプラス」させるために登場させたのだと語ってられるそうです。



    母なる樹を離れて、見知らぬ遠い土地へ転がっていってしまったどんぐり坊や。
    純粋に生物学的な見地を取るなら
    種の繁栄のため、生息域の拡大のため、
    坊やはその新しい土地に根を張り、強くたくましく生きていかねばならないのです。

    どんぐり坊やが泣いたまま終わるオリジナルのちょっぴり切ないラストは
    坊やがいつか泣きやんで新しい命を芽吹かせることへの
    幼い者が持つ生命力への
    期待をこめたものであったかもしれません。

    たぶんそれは
    父親の視点だと思います。
    成長の時代を背景とした、希望の物語。


    窮地に陥った無力な存在としてどんぐり坊やを見るならば
    岩河さんの3番は救いの物語です。

    自分で動けないどんぐり
    水から出られないどじょう
    このままではどんぐりは窒息して腐敗して朽ち果てるしかないから。

    ふとしたきっかけで、坂を転がり落ちてしまった
    元の暮らしに戻りたい
    せめてこの沼からはい上がりたいのだと
    その切実な訴えに耳を傾けて
    救いの手を差し伸べ優しく包み込んでくれる誰かが必要なのだと―

    この歌詞が作られたのは昭和61年だそうですが
    平成という時代には
    この歌詞が共感を得て
    普遍的な物語になるだけの理由がきっとあるのだろうと思います。
    スポンサーサイト





    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック