FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    学童保育のバザー
    昨日は、あきのすけの通う学童保育のバザーでした。
    私は役員なので、ご招待した地域の方々や議員さん達にご挨拶&お接待する役目…
    ある意味いちばん苦手な仕事かも。
    実務能力もないけど(爆)

    指導員の先生におんぶに抱っこで、なんとか半日乗り切りました。

    開設されて30年弱の歴史のある学童保育です。
    現在の場所の確保に奔走してくださったという方や
    指導員さんいわく「私がまだ若すぎた頃」をボランティアで支えてくださった地域の方、
    ここの卒業生でもうすぐそのお子さんが入所されるという方、

    長い歴史と紆余曲折を、垣間見させていただいた思いです。
    たくさんの方々の努力と支援のおかげで、現在がある。


    新鮮なお野菜を毎年提供してくださる方、
    屋台用のガスボンベを無償で(!)貸与してくださる方、

    テントを貸し出してくださった小学校
    机や椅子をお貸しくださった地元自治会

    軽トラを駆って運搬を引き受けてくださったお父様方
    貴重な休みを割いて準備にご協力くださったお母様方

    遊びに来てくれたお友達
    アイデアを出し、それぞれのできる仕事をがんばってくれた学童保育の子どもたち

    お天気にも恵まれ、皆さんのおかげでとってもいいバザーとなりました。
    ありがとうございました。

    地元ケーブルテレビ局が取材に来まして
    明日火曜日午後6時からのニュース枠でこのバザーの模様が放送されるそうです。



    で、私が名札ぶら下げて受付に貼り付いている間のムスコの様子。

    今年は3年生、もう低学年扱いではありません。
    「こどものお店」の担当があります。
    例年、小学校のバザーで支援級のみんなと一緒にクッキーを売っていることが頭にあったのか?
    あきのすけはクッキーのお店を希望したそうです。
    当然周りは女の子ばっかりなんですが(^ ^;)

    保育時間中にみんなでクッキーを焼いて、
    あきのすけも型抜きを頑張ったそうで。
    当日、私がいた受付の隣に「ここ使っていい?」と女の子たちから申し入れ。
    入ってすぐ目につく場所ですから、確かに絶好の立地条件。
    私のそばということで息子も安心できたようで。

    オープンしてすぐの忙しい時間帯は「遊びに行ってていいよ」の温かいおことばに甘え
    (単に足手まとい、とも)
    お小遣い握って、ゲームのコーナーに行ったり、
    保護者屋台で適当に食べ物をゲットして私の後ろで食べてたり。
    3年目ともなると、ベッタリと親や指導員さんがフォローしなくても
    どう動けばいいか解ってきたようです。

    仲良しの指導員さんと一緒に店番もして(呼び込みもしないのであんまり売れてなかったみたいだけど)
    そのうち父ちゃんがQちゃんを連れてやってきたので合流…したと思ったらまたフラフラと単独行動していたようだけど。

    父と一緒に帰っていいよ、と声をかけたけど
    片づけが終わるまで待ってる、と
    学童の建物に入ったり、木陰に座ったり
    それなりに上手に時間を使っていました。

    「ありがとうございました~」の挨拶のあと、
    私がちょっと指導員さんや他の保護者さんと立ち話しているスキに行方不明。お~いっ

    どーせひとりでさっさと先に行って、車のそばで待ってるパターンだろう、と思ったらやっぱりそうでした。
    この辺、学習能力ないよなあ。
    まあでも、彼のテリトリーが徐々に広がっていくというのはありがたいことです。

    (10/5追記)
    ケーブルテレビのニュース、なかなかいい感じで紹介してくださってました。
    子どもたちは映ってなかったけど…とあき父に言って、録画してあった映像を見せたら
    「あきのすけ、映ってるじゃん。ほらここ」「あっここにも」と
    瞬く間に3ヶ所見つけ出してくれました。

    彼、「ウォーリーを探せ」とか、得意なんですよね。
    この視空間スキルの高さって、やっぱり…(^ ^;)
    スポンサーサイト



    【2011/10/03 11:52】 小学校 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック