FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    そろそろ七五三の季節ですが
    いつも入り浸っている(爆)障害児の母掲示板で、
    そろそろ七五三の話題が出る季節になりました。

    過敏やこだわりのある子だけど、袴やスーツ着てくれるかしら…。
    神社でのご祈祷の間、おとなしくしていてもらうのは難しいかも…。
    写真屋さんで暴れたらどうしよう…。

    子どもを愛すればこそ、
    伝統行事を盛大に祝ってやりたい気持ちと
    形式にとらわれて子どもを傷つけはしないか、
    よけいな負担をかけてかえって苦い思い出の日になってしまうのでは、と
    親は心揺れるのです。

    「形なんかどーでもいいじゃん。
    要は子どもが成長したことを家族みんなで楽しくお祝いしてあげられれば。
    うちなんか、近所の神社でお参りだけして、家の前で記念写真撮って、スーパーの千歳飴なめて済ませたよ。」

    そんなお話をするわけですが。

    そもそも七五三の由来って、なんてことを思って、なにげなくウィキペディアを開けてみたのですが。


    ちょっと嫌な記述を見つけてしまい、心がざわついています。


    『障害者を間引く為の期間でもあり、「七歳までは神のうち」という考え方と結びついていた。また、これに逆らう家の子は神隠しとして処理された。』


    この前後には、当時の日本の乳幼児生存率が低かったこと、
    そのため七歳になって初めて正式に氏子として地域コミュニティへ迎え入れられるという状況があったこと、
    農村部の間引きや堕胎は他の家族を守るためやむをえない措置と考えられていた、といった記述があります。

    当時の時代背景、歴史的事実として、あったことなのかもしれません。
    でも。

    間引くって。
    神隠しとして「処理」って?

    障害のある子は他の村人により殺された、もしくはどこかへ捨てられたってこと?
    それは正当化されて良いことなの?

    七五三をまともに祝うことが難しいような障害のある子は
    殺されても仕方ないってこと?


    お祝い事の説明文の中に、異物のように記されたこの数行が。とても痛くて。
    それはきっと、昔話として笑い飛ばせない、現代にも確かに生きている排除の思想を嗅ぎ取れてしまうからで。

    「読んで傷つく人がいるから削除しろ」というのは違うと理性では思うけれど。
    ちょっと、ね。キツイなあ、これ。
    スポンサーサイト




    【2011/09/16 23:21】 時事雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック