AUTISTICな日々
長男あきのすけのキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。やんちゃな弟Qちゃんと共に、ハハの眉間のシワを増やしてくれています。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -


    RECENT ENTRIES
  • ネガティブ・ケイパビリティ(05/28)
  • 眼鏡屋の上得意な一家(03/20)
  • 『自閉症児療育Q&A』サイト閉鎖(03/20)
  • つらいと思っている時は、たいてい自分のことしか…(12/18)
  • 心の鬼(09/24)
  • 人混みと、予定変更と。(05/30)
  • 恒例の、お片付けストレスの季節です(03/21)
  • うちのサンタさんは寒がりです(12/18)
  • 「本田40式認知特性テスト」をやってみた(11/07)
  • とめ・はね・はらい(09/07)


  • RECENT COMMENTS
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)
  • しまりー(11/03)
  • カイパパ(11/03)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (158)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (35)
  • きょうだい児 (23)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (38)
  • 時事雑感 (44)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (30)
  • 小学校 (40)
  • 社会活動 (10)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (5)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    PCの向こうの、生身の人間。
    あきのすけが自閉症かも?と疑いだしたころ、
    そしてやっぱり自閉症だと診断が出たころ。

    それは実はそんなに昔のことではなくて
    せいぜい6、7年前のことなんだけれど。

    まだブログというものがそんなに普及していなくて
    (このブログだってFC2のサーバー番号17番ですものね。いまは100超えてる)
    自閉症について書かれたサイトもそんなに多くなくて。
    だからいち早く情報発信してくださった親御さんのサイトは、
    当時自閉症児に関わる人はみんなが知っていたといっても過言ではなかった。

    自閉症ノブの世界(サポートブック生みの親REIKOさん)
    ダダ父通信(ダダ母さんはその後ハルヤンネさんと名を変えて「おめめどう」を設立)
    カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル(「ぼくらの発達障害者支援法」著者のカイパパさん)

    だりママさんの絵カードを使っているお友達も多かったし
    我が家が渡米するに当たっては、こうままさんの「But He is Beautiful」を何度も読み返させていただきました。

    そして、そうした先輩方がいつしか支援する側に回っていく姿に
    尊敬と憧れの念を抱くと同時に

    私にはとても無理、と絶望感に似た思いを抱いてもいたのです。
    彼らはとても優れた人で、自分とは別世界に生きている人たちなんだ、って。


    いまやネットに情報があふれ、
    ぼんやり検索していてもこれらのサイトにたどり着くのは難しいような状況の中で。

    ツイッターを始めて、心の師であったこれらの方々のつぶやきをフォローするようになって。
    最近ようやく、彼ら彼女らも自分と同じ「生身の人間」なんだ。っていう
    思えば当たり前のことが、実感できるようになってきた気がします。

    その想いをいっそう強くしたのが、ハルヤンネさんのこのブログ記事。

    レイルマン2を売り切ってしまうにあたっての考察1

    レイルマン2を売り切ってしまうにあたっての考察2

    私もね、母語は関西弁なんですよ。
    だからよけい心にしみたなあ。彼女の、魂の叫びって気がした。

    困難な状況の中で、先頭切って走ってきた彼女だから言える。
    実感をこめて言える、こんなキッツイことも。

    ネット時代でなければ存在すら知らなかったであろう人たち。
    受け取って、伝えていきたいのは、困難な育児のヒントや情報だけじゃない。
    子を持つ親としての、熱い想い。切ない願い。

    PCの向こうで、それぞれの場所で、リアルに頑張っている仲間への深い敬意と共感。

    私たちは、そういう時代に、生きている。
    スポンサーサイト

    【2011/06/08 13:01】 なかま | TRACKBACK(1) | COMMENT(3)

    この記事に対するコメント
    読んだよ。

    凄い記事の紹介ありがとうございます。
    【2011/06/08 23:06】 URL | カイパパ #-[ 編集]

    ありがとうございます。
    そう、まさに「凄い記事」なんですよね。
    だから下手な要約めいたことは、入れられませんでした。

    そして、
    情報があふれている今だからこそ。
    “子どもを産んでみたらたまたま障害児だった”
    その同じスタート地点から。
    やむにやまれぬ状況に突き動かされたのだとしても
    人はこれだけのことができるのだということ、

    それはひょっとしたら自分の中にもあるのかもしれないということ
    …決して他から強制されるのでなく、他人と自分を比べるのでもなく。

    いつまでも無力感に打ちひしがれないで、自分を信じる勇気にできたらいいな、と思います。
    【2011/06/09 11:40】 URL | あき母 #-[ 編集]

    うん。

    よくわかる。
    【2011/06/09 21:43】 URL | カイパパ #-[ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック

    親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて

    あき母さんの「AUTISTICな日々」経由で、 ハルヤンネさんの書いた ・レイルマン2を売り切ってしまうにあたっての考察1 ・レイルマン2を売り切ってしまうにあたっての考察2 を読 ... カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル【2011/06/08 23:18】