FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    期待の新弟子
    ちょっといい話。

    (以下引用)

    新弟子15人ずらり「恩返ししたい」 大相撲夏場所
    2011年5月13日 朝日新聞
    http://www.asahi.com/sports/spo/TKY201105130232.html


    幕下の取組が始まる少し前。土俵で、「新序出世披露」が行われた。

     まげも結えない短髪の新弟子たちが、親方や兄弟子から借りた化粧まわし姿で土俵に上がる。まだ「番付外」の彼らを、来場所から「序ノ口」として序列に加えるお披露目式だ。

     2日目から始まった前相撲で2連勝し、この日に「一番出世」したのは、15人。最前列に八角部屋の18歳、宇野がいた。

     島根・隠岐諸島の小島で生まれ育った。父の伸二さん(46)は、情緒障害のある息子を相撲取りにすることが夢だった。様々な筋肉を鍛えるために、まずはレスリングに取り組ませた。

     入学した養護学校の高等部にはレスリング部がなかった。自宅近くにある普通科高校のレスリング部で練習できる特別の許可を得た。勉強もその高校に毎日、養護学校の先生が船で1時間かけて通ってきて教えてくれた。3年生だった昨年の国体、フリースタイル120キロ級で優勝。八角部屋への入門が決まった。

     親方は、障害を不安視していた。でも「素直なんだよ。『押せ』と言ったら、ずっと押している」。化ければ高見盛のような人気力士になれる、と期待する。

     宇野は念願の新序力士となったいま、「関取になって、両親や故郷に恩返しがしたい」と夢を語る。

     八百長問題のさなか、それでも角界に飛び込んだ若者は45人。一番出世がかなわなかった新弟子は、16日の9日目に二番出世として披露される。

    (引用終わり)

    才能を見い出し、得意を伸ばす、ということ。
    親も教師もあきらめず大切に育ててきたことが、親方の心を動かしたんだろうね。

    障害があるからって、夢をあきらめる必要なんてない。

    努力が必ず報われるとは限らないことは百も承知で、
    でも
    努力した人にしか幸運は巡ってこないんだろうな。

    宇野くんの今後のご活躍をお祈りします。
    スポンサーサイト




    【2011/05/13 22:44】 なかま | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック