FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    ミクログリアと自閉症
    自閉症児・者にアレルギー素因を持つ人が少なくないようだ、
    食物アレルギーの治療を行なったところ自閉症の問題行動も軽減した、
    脳内の炎症反応が自閉症と関連があるかもしれない、

    そういった話を断片的に耳にする機会はあったのですが
    私自身、医学的な研究の場にいるわけではないので
    なかなか最新の研究動向を確認することもできずにいました。

    先日「ミクログリアと統合失調症の関連が近年明らかになってきている」という地元医師の談話を
    職場に転がっていた業界新聞で目にしまして

    自閉症も昔は統合失調症と混同されていた時代があるぐらい
    いくつか共通する徴候があるものですから
    ひょっとして、と思ったわけです。

    で、連休中にちょっくらぐぐってみましたら
    こんなお話が出てきました。

    1.細胞外グルタミン酸上昇による脳形成障害、神経細胞変性、精神疾患

    2.正常眼圧緑内障の発症におけるグルタミン酸トランスポーターの役割
    http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/pharma1/transportsome/newsletter/newsletter_05.pdf


    いずれも東京医科歯科大学の田中光一先生のお仕事ですが
    私なりに要約しちゃいますと
    1.
    脳内で免疫反応に関わっているのはミクログリアという細胞です。
    この細胞には、グルタミン酸を運ぶタンパク質が2種類あります。
    遺伝子操作で、このうちのひとつGLASTというタンパク質を持たないマウスを作りました。
    そうすると、
    遠くの神経細胞どうしが接続できない(これは以前TIME誌の自閉症特集記事にも書かれていました)
    新しい環境に置かれると落ち着きなくウロウロする
    初めて会った他のマウスに対してにおいをかぐ(=関心を示す)ことが少ない(社会性の障害)
    学習障害=認知障害を示す

    本文中では統合失調症の症状といっていますが
    いやあ、これは自閉症の症状、でもある、でしょう。

    2.
    グルタミン酸を運ぶタンパク質の遺伝子を
    マウスは父方からひとつ、母方からひとつ、合計ふたつ持っているわけですが
    その片方が正常(+)で、片方を遺伝子操作で人為的に働かなくした(-)。

    さらに、1.でもお話したとおりこのタンパクにはGLT1とGLASTとの2種類がありまして

    つまり、このふたつのどちらの遺伝子も通常の半分しか持っていない、っていうのが
    GLT1(+/-)&GLAST(+/-)マウス。

    なんかややこしいですね。
    メンデルの法則を覚えてないとつらいなあ。

    なんせ、こういう遺伝子の組み合わせをもっているマウスが、
    脳の形を見ても
    行動面を見ても
    非常に自閉症に似ている。
    しかも5:1の割合で雄に行動異常が多い。
    ヒトの自閉症でも、関係のある遺伝子の候補のひとつとしてGLT1が挙がっている。
    というんですね。

    きょうだい児でも発症したりしなかったりっていう中途半端さも
    こういう微妙な遺伝子の組み合わせの問題と考えれば、少し納得がいく。
    血液型だってきょうだいで同じだったり違ったりするんだものね。

    なんか、免疫の話からは若干遠ざかった趣きもありますが
    ちょっとずつ解明が進んでいる気がして嬉しいです。
    スポンサーサイト



    【2011/05/08 00:31】 研究動向 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック