FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    そう…信頼するしかないんだ。
    浦澤直樹作「マスターキートン」“身代金のルール”という作品中、
    誘拐犯との交渉人を任された主人公キートンと
    被害者の会社関係者とのこんなやり取りがあります。


    「あんたァ、血も涙もない犯人を信頼しろと言ってるのか?」
    「そう…犯人は血も涙もない。でも信頼しなければならない。」
    「…」
    「そう……
    信頼するしかないんだ。」




    原発事故、計画停電をめぐり、東電への批判が高まっています。
    確かに苛立ちを感じさせられる部分、
    もっといいやり方があったのではと思う場面も多々あります。

    けれども「自分がその担当者だったらどうだろう」と思うのです。

    他人のミスや不手際をあとから批判するのはたやすい、
    でも

    「~はダメ」を言う時には、必ず「~してください」を提示する

    私たちのギョーカイでは、常識ですよね。

    計画停電なんて神業ができるのは日本の電力会社の高い技術があるからこそなんだそうです。
    周知の仕方、進め方に不備があるのは間違いないけれど
    影響をなるべく最小限に抑えたいというスピリットはいったん受け止めて評価してあげなければいけない部分だと思う。

    また、記者会見の時
    不安や苛立ちをそのままぶつけ、対決姿勢・糾弾する態度をあらわにしている記者がいるけれど

    バックアップ設備が津波にそっくり流された中で
    一度に複数の原子炉がトラブルを起こしているという
    世界にも前例のない事態に
    他の誰が、彼ら以上に適切な対応を取れるというのか。

    頼りなく思えるかもしれない、
    後から冷静に振り返れば「あの時こうしておけば」と思うこともたくさんあるかもしれない。
    それでも。
    400ミリシーベルトの放射線に身をさらして
    なんとか事態を収拾しようとしている人たちに対して私たちがしなければならないことは

    ネガティブな感情をぶつけることではなく
    応援することではないのだろうか。

    誰かに投げた気持ちは、そのまま自分に跳ね返ってくる。
    黒いボールを投げれば、黒いボールが。
    白いボールを投げれば、白いボールが。
    あきのすけみたいに、うんと取りにくいボールしか投げられない人もいるけれど。

    あえて不安や怒りを飲み込んで。

    自分を攻撃する人のためにではなく
    支えてくれる人、頼ってくれる人のためにこそ
    人間というのは命をかけることができるのではないだろうか。
    スポンサーサイト




    【2011/03/16 13:08】 時事雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)

    この記事に対するコメント
    いつもブログを楽しみにしています。
    地震発生当時、確かあき母さんは中部だったよな、大丈夫かなぁと
    広島から心配しておりました。ご無事でよかったです。

    あき母さんの記事にはいつも頷くばかりです。
    今私たちにできること。
    そしてこれからできること。
    みんなで協力して、この難局を乗り越えていきたいですね。
    【2011/03/17 10:53】 URL | こんぶ #-[ 編集]

    コメントありがとうございますm(_ _)m
    東北のあとも長野県北部~新潟、静岡と
    それだけでも普段なら大騒ぎになるような地震が続き
    本当に日本はどうなっちゃうんだろうと。

    記事にも書きましたが
    私自身、阪神の震災で育った家を失っていますので
    個人的にちょっとつらくなっちゃっている部分もあるのですが
    まずは命!
    生きてさえいればたいていのことは何とかなる!

    いまは声援を送るしかできないけれど
    精一杯送り続けたいと思います。
    【2011/03/17 12:10】 URL | あき母 #-[ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック