FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    入試での配慮
    あきのすけはまだ小2なので、先の話といえば先の話なのですが、
    最近ちょっとした行きがかり上、入試関係の情報を集めています。

    「中学校で支援級に在籍していると、内申点がつかないので
    一般入試で普通高校を受験できない」

    あるネット掲示板でそういう情報を入手したのが始まりでした。

    療育手帳を持たない子は、支援学校高等部へ入りたくても入れてもらえません。
    「じゃあ、どこへ行けと?」
    と、素朴に慌てているわけです。


    あきのすけは現在、支援級に在籍しつつ、最大限普通級で授業を受けるという配慮をいただいています。
    記憶力と数字こだわりが幸いしてか、
    いまのところ学習面での苦労はほとんどなく
    ただ生活面、お友達との関わりに不安があるということでこうなりました。
    幸い普通級の担任は良い先生に恵まれましたが
    それでも普通級ではあきのすけは「三十数分の一」ですから
    やはりこまごまとした相談は基本的にはまず支援級の先生に相談し
    そこからコーディネーターの先生や普通級の担任と連携を取って解決していただく、ということをしてきました。

    いずれは普通級への転籍を、ということはずっと考えてはきたのですが
    いまの状況があんまり居心地がいいので
    中学は教科担任制だし、周りのお子さんにも余裕がなくなるし
    ずっとこういう形を取らせていただけたらありがたいなー、なんて、最近思い始めていて。

    でもそれが彼の可能性を狭めることになったら仕方がないわけで。

    今後子どもがどう成長するか、
    どこでつまづくかなんて誰にも予想ができないことではあるけれど

    「どういう道が用意されているか」

    あるいは

    「どういう道をつけていくか」

    を考えておく必要はあると思うのです。


    さて、
    NHK教育テレビでそろそろ春の新番組の情報が載っていないかな~と調べていたら
    こんなサイトがあることに気が付きました。

    http://www.nhk.or.jp/school/

    この中のブログの過去記事に
    発達障害者に広がった大学への道
    http://www.nhk.or.jp/school-blog/500/62353.html

    ここでは「学力試験そのものへの配慮」についてのみ解説されているわけですが
    トラバ先の金子先生のご指摘が秀逸です。
    http://harue.no-blog.jp/forteachers/2010/10/nhk_a41f.html

    「ここまでしか配慮できない」ではなく
    「こうした配慮が必要」と、当事者自身が声をあげていくこと。
    小中高の支援をいかに充実させていくか、その結果としての入試制度なんですよね。
    実際には、入試制度にあわせて小中高が振り回されてしまうわけですが。

    中高でどのような支援が期待できるか、
    あるいは要求していくべきか。
    いざその場になってからではバタバタと時が過ぎてしまうであろうことは容易に想像がつくので(^ ^;)
    ぼちぼち研究していこうと思っています。
    スポンサーサイト




    【2011/03/02 11:12】 小学校 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック