FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    暗黒の一歳児時代
    今にして思えばさまざまな兆候が既に現れていたこの時期。
    「他の子と比べてはいけない」「この年頃には良くあること」と自分をごまかし、相談先からも「しばらく様子を見ましょう」としか言われなくて、不安ばかりがどんどん膨らんでいったこの時期。
    1才代の一年間は、言語や社会性に関する発達が止まっていたかのように思えます。それで私たち夫婦はこの時期を「暗黒の一歳児時代」と呼んでいます。

    生後10ヵ月頃から、なかなか手掴み食べをしないとか、人見知りをしないとか、赤ちゃん芸(バンザイ、パチパチの類)をしない、ラッパが吹けないなどいくつか気になるところはありました。でもまあ、「そういうこともあるだろう。マイペースな子なんだ」と思ってました。

    1才2ヶ月過ぎて歩けるようになり本格的に散歩を始めた頃から、奇妙な行動をするようになりました。
    エアコンの室外機をうっとりと眺めて動かない。
    駐車場の砂利を手ですくっては落とし、を延々繰り返す。
    家からどんどん遠ざかって、引き返そうとするとひっくり返って泣く(こういう時は誘拐犯よろしく肩に担いで拉致)。
    全てのマンホールの蓋を踏んで歩かないと気がすまない。等々。

    当時入っていた育児サークルでも、
    手遊びやリトミックに興味ナシ、ラジカセのスイッチばかり気になって仕方がない。
    公園に行ってもひとり片隅で石砂遊び、お友達が寄ってくると脱走、遊具に乗せようとしても怖がるばかり。
    「お花だよ」「ワンワンだよ」「飛行機飛んでるねえ」いくら声かけしても反応ナシ。
    育児雑誌の、同月齢のお友達モデルを見ても、できることの差がなんだか広がっていく一方。
    それでも「個人差の大きい時期だし」「そういう性格なんだ」と思いたかったのだけれど。

    意味のある言葉が1才過ぎても全く出なくて、なにげなく開いた「家庭の医学」の“幼児自閉症”の項目。…なんか、当てはまる項目が、ありすぎる…でも当てはまらないこともあるし…でもひょっとして…?

    1才半検診の日、「まだ小さいし様子を見ていていいと思いますけど」という保健師さんに食い下がって、発達相談員のK先生に面接していただいた。K先生はこちらが期待していたような?病名を示唆するようなことは何もおっしゃらなかったけれど、「遊び方の課題というものがありますので、やってみませんか?」と言って下さった。
    初めての育児、近くに親兄弟や親しい友人もなく途方にくれていた私は二つ返事で飛びついた。それがHACプログラムとの出会いでした。

    初めは半信半疑、「これって普通の親子遊びじゃないの?誘っても乗ってくれないから困ってるのに。こんなので視線が合ったり声が出るようになるのかしら。」と思ってました。しかしとりあえず次の面接までの3ヵ月、A-1~3の課題を毎日の遊びの中に意識して取り入れてみたところ、記録表に「できた」を意味する○や△の印がだんだん増えていき、子供の普段の反応も良くなってきたような気がしてきました。
    各課題についてスモールステップで設定された評価項目も、途中で投げ出さないで続けることができた要因だと思います。

    単に時間経過とともに成長しただけなのかもしれません。それでも、もやもやした思いのまま何もしないでいることには、親の私の方が耐えられなかったと思います。
    課題を始めて半年後の2才1ヵ月頃、ようやく私を見て「あーちゃ(母ちゃん)」と言ってくれるようになりました。
    スポンサーサイト




    【2005/07/28 21:33】 療育(日本) | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック