FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    話し言葉が要らなくなる日
    今朝の朝日新聞にこんなエピソードが掲載されていた。
    携帯電話のゲームにはまり、
    親に携帯を取り上げられると目覚まし時計を投げつけるなどして暴れた高校生の話。

    その光景にはなじみがある。
    こだわりグッズを取り上げられて、パニックを起こして暴れる自閉症児。

    話し言葉による発信が難しい自閉症児・者の中には
    パソコンなどの代替コミュニケーション手段を用いて意思表示する人々がいる。
    例えば、以前TIME誌で取り上げられていたハンナ。
    書籍を多く出版している東田直樹君。
    療育者の中には、
    「これは機械を相手にしているだけで、
    本当の意味で人間とコミュニケーションをとっているとはいえない」
    と否定的な見解を示す人も少なくないと聞く。

    だが、いまどきの若者が黙々と携帯メールで友人とやりとりしている姿は
    まさに「代替コミュニケーション装置を使う自閉症者」だ。
    せっかく、「他者と適切に関わる能力」をもって生まれてきたのだろうに。

    そのうち、携帯情報端末を介してしか他者とコミュニケーションをとれない世代が出てくるのではないだろうか。
    もしかしたら既に。

    顔文字、絵文字、デコメ、
    いくら工夫を凝らしたところで
    肉声や表情の伝える豊かなニュアンスに勝るものはないだろうに。

    テレビの見せすぎで後天的に発達障害になるのだと
    まことしやかに唱える人がいまだにいる。
    けれども、いまどきのつまらないテレビなんかよりも
    もっと重大な問題が静かに進行しているのではないか。
    携帯電話依存が、若者のコミュニケーション能力の発達を阻んでいるのではないか。

    他者と関わるのに話し言葉が必要とされない社会は
    自閉症者にはもしかしたら居心地がいいのかもしれない。
    けれども人と人とが決して視線を交わすことなく
    ただ情報端末だけを見つめ続ける光景は
    まるで星真一のショート・ショートの結末のように
    うそ寒いものではないだろうか。
    スポンサーサイト




    【2010/11/16 09:49】 時事雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック