FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    不登校に関する研修会
    小学校のPTAを通じて、「教育研究集会」への参加案内があった。
    保護者にも参加をお願いしたい分科会のひとつに「不登校」が挙げられていたので
    行ってみることにした。
    あきのすけの一学期のグダグダは結局ただの「登校しぶり」レベルで済んだけれど
    あれがもっとひどくなれば、いつ不登校まで発展しないとも限らないし
    不登校がきっかけで発達障害が判明したなんていう大きいお子さんの話もチラホラ伺うから。

    だが、実際に現場で関わっている先生や支援グループの方のお話を伺うと
    既に不登校を起こしてしまっているお子さんのケアに現場はイッパイイッパイ、
    文科省や教委は「とにかく数を減らせ」
    学校に顔を出させればそれでいいのだと、数字ばかりを気にしているらしい。

    私たち発達障害児の親は
    二次障害としての不登校を起こさせないように、ということを常に気にしているし
    耐え切れなくなってこうした形で子どもがSOSを出さざるを得ないところまで追い詰められる以前に何ができるのかを考えることこそ重要なのではと思うのだけれど
    「要因は個々のケース毎に様々なので…」
    というところで教育関係者は思考停止されてしまうらしい。

    発達障害の特性の一部である
    対人関係の困難さや環境の変化への弱さに対するケアの方法論を
    どんどん応用していただければ、と私などは思うのだけれど
    「病院になんか連れて行かない方がいい」と憤る支援者がいらっしゃるぐらいに
    彼らを“障害児扱い”することには大きな壁があるのだろう。



    さて、その会議の中で、最近の子どもたちの傾向として
    指示待ち・受け身の生徒が多い、というような話を聞いた翌日、
    朝日新聞の「あめはれくもり」欄に「もっと子どもを主人公に」という記事が掲載された。
    (以下引用)
    学校運営に子どもや父母が参加している国は世界に広がっている。目的は子どもたちの主権者意識を育て、権利意識と責任感を向上させていくことにある。…私は前任校で…教師・生徒・父母三者の話し合いで校則改善や授業改善を進め、また生徒たちは地域住民とも話し合い、まちづくりに参加してきた。…学校運営への参加で主権者意識が、まちづくりへの参加でシティズンシップ(市民性)が向上していることが分かる。
    (引用終わり)
    この記事を読んだとき、
    Nothing about us, Without us.
    という言葉を思い出した。
    思えば子供たちは、自分の事を自分で決める機会や権利を充分与えられてこなかったのではないだろうか。
    大人の決めたことに黙って従うことしか知らず、
    それに対する思春期の抵抗の形が、より内向きな形に変わってきているのだろうか。

    声を出せば、世界が変わる。
    自閉症の幼いあきのすけに言葉を教える時、最初に伝えようとしたのがそのことだった。
    あなたは何らかのサインを出すことで、
    食べものをもらえたり、
    オムツを替えてもらえたり、
    散歩に連れ出してもらえたりする。
    いちいち泣き叫んで暴れなくても、もっと穏やかなやり方で
    周りの世界を自分にとって居心地良いものに変えることができるのだと。

    でもそれは、みんなに教えるべきことなのかもしれない。
    内にためてためて、耐え切れなくなるまで我慢しないで、
    世界を変えるために声を出して良いのだと。
    あなたたちはただ無力なだけの存在ではなく、この世界を変えることだってできるのだと。

    そのためには大人も覚悟が要る。
    子どもたちのサインを注意深く受け取って
    相手を対等な人間として扱い、真摯に話し合わねばならない。
    それを甘やかしと混同した大人の怠慢が、
    もしかしたら今日の状況を招いたのかもしれないとも思う。
    スポンサーサイト



    【2010/10/04 21:48】 小学校 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック