FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    豆乳のんでます
    最近、反抗期の子供たちにイライラさせられることが多く
    旦那に「ちょっとあんたのキレ方ひどいよ」とたしなめられる場面が増えてきました。

    先日NHKの朝の番組で取り上げていましたけれど、
    40代でも更年期症状が出るのは珍しくないのだとか。

    うーん。それもありえるかも。
    日々ストレスにさらされているのは間違いないし。

    で、薬局で漢方薬など試しに買ってみたのだけれど
    効いているんだかいないんだか?
    費用対効果としてはイマイチ。

    本当に、婦人科か心療内科にでも予約入れようか…と思いつつ、
    いま気休めに飲んでいるのは「豆乳」。

    カルシウムの他に、
    女性ホルモン様の作用をすると言われているイソフラボン、
    セロトニンの前駆体であるトリプトファン、
    などの物質が含まれているとのことで、

    何より安いし、最近の豆乳は味もいい。

    あきのすけと同じく(爆)空腹になると自己コントロールが効かなくなってくる私には、
    夕方の忙しい時間、台所でコップ1~2杯の豆乳でエネルギー補給をしておくだけでも
    だいぶ余裕を持って子どもたちに接することができる、ような気がする。


    以前は健康食品の類を頭からバカにしていた。
    確かに医薬品は精製され薬効の確かめられた成分が何ミリグラム、という
    「正体の知れた」安心感があるのだけれど。

    分析・検出されていないものも含め雑多な成分が混在していて
    どれがどういうメカニズムで効いているのか解らないから
    医学的な臨床試験での評価にはそぐわないけれど
    トータルで状態を良くする。っていうことは、あるのかもしれない。
    ヒトのからだって、複雑で混沌としたシステムだから。

    ただし、大枚つぎ込む気はないですよ。
    「イワシの頭」は、安価で容易に入手できて、たとえ効果はなくても実害がないからいいのです。
    スポンサーサイト




    【2010/07/17 02:44】 趣味 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)

    この記事に対するコメント
    ご無沙汰しております。

    私もここ最近の子供たちへのキレっぷりを夫から指摘され、心療内科の門をたたき、立派に診断名いただいてきました(笑)

    息子より先に服薬デビューです^^;

    息子らへの支援方法と一緒で、劇的に症状が改善されるわけではありませんが、それでも浴びせまくりだった暴言→とりあえず無視、というような感じで落ち着いたり。

    え? どっちもどっちですか?^^;

    まだまだステキ母への道のりはキビシーです。
    でも飲まないよりはマシ、かな。私は、ですが^^;
    【2010/07/20 01:34】 URL | なるたる@JJ #-[ 編集]

    まあ長男が幼い頃は「明日こそコイツを川に放り込んでやる~」とつぶやいていたので
    それに比べれば「精神科に電話」の方がナンボか平和的ですね(笑)

    自閉兄は先月、
    「ボクは普通の人に戻りました」宣言をして
    (いやそれは一生ないだろ、と内心ツッコミを入れましたが)
    実際それ以降かなり落ち着いてくれたので
    私のほうも、ま、これならなんとか…と、小康状態です。
    豆乳も効いてるかな。

    ちっとも落ち着かないのが次男で、今日もトイレですごいことをやらかしてくれたので
    (汚い話なので自粛)
    そっちにブチ切れているところを兄がとりなしてくれたという状況です。
    次男は来春から入園で、私のパート就労を保育理由にするつもりだけど
    いっそ診断もらってきて病気理由で今すぐ入園させたい気分。
    でも病院行くのが面倒で…それが既にヤバイ?(笑)
    【2010/07/22 23:19】 URL | あき母 #-[ 編集]

    >診断もらってきて病気理由で入園。

    今まさに手続き中です(笑)
    しかも次男です^^;
    【2010/07/24 02:41】 URL | なるたる@JJ #-[ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック