FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    Home Visit
    前回のEvaluation Meetingに引き続き、今日の午前中Home Visitが行なわれた。療育開始前の一段階として、こちらのスタッフが家庭訪問をして、あきのすけの家での様子について話を聞いたりするのだという。

    先立つこと約二週間前、記入しなければならない書類がたくさんあるので、「通訳さんにその場で読んで訳してもらうか予め翻訳して持ってきてもらうか」と尋ねられた。我々は会話は不得意だが読み書きの方はなんとかなる、まだ時間もあるので「あらかじめ書類を送ってもらえれば当日までに解るところだけでも記入を済ませておく」と伝えて書類を郵送してもらい、辞書と首っ引きでなんとか前日までにひととおり記入を済ませた。
    これは正解だった。この書類enrollment packetというのが、とても当日一時間やそこらで記入できる質と量ではなかった。あきのすけの健康状態、生育歴、予防接種歴、発達段階や生活動作skillについての調査、好きな/嫌いな食べ物・オモチャ・遊び、両親と緊急時の連絡先、スクールバスに乗り降りする場所(まだどこの施設に通うかも決まってないのに?)、一連の評価作業と情報の共有化に対する承認のサイン、かかりつけの医師・歯科医師の連絡先、などなど。
    health insurance(医療保険)の加入手続きが済んでおらず、ホームドクターがまだ決まっていない旨を告げると、意外なことを言われた。個人でcheck up(健康診断)を受けてホームドクターのコメントをもらわないと学校へ通い始めることができないそうなのだ。さらに通訳さんによると、check upは優先順位が低いので予約が取りにくいのだとか。書類の「医師記入欄」はてっきり校医さんにでも書いてもらうのだと思っていたので、これには少々面食らった。あきのすけは体はむしろ丈夫なほうなので、こんなところで足止めを食うとは思っていなかったのだ。

    少し話が前後したが、今日の内容。
    enrollment packetとは別に、発達段階をみるフォーマットがありそちらを記入しなければならない、というのでソーシャルワーカーのB先生、通訳、両親でそちらにとりかかる。その間L先生があきのすけと遊びながらさらに詳しく彼の様子を観察するという手はずだ。
    書類は一問ずつ順にYes/Partially/Noで答えていって、質問される事項がだんだん高度になっていくのでNoが6個続いたら打ち切って次の章へ移るという仕組み。内容自体は、先に渡された方の書類と重なる部分も多く、正直(何で似たような書類が何通も必要なんだろう)とは思ったが、多分いろんな方式で評価するということなのだろう。通訳してもらい、時々質問の意図を確認し、迷ったり説明したりしながらのんびり答えていたら時間がどんどんなくなっていった。結局、紙をもらって自分たちで読みながらほとんど直感的に記入して渡したが、それだけで予定の時間をオーバー。enrollment packetの穴を埋めて、親向けの小冊子を渡されて「では今後についてはまたメールします」でお開きとなった。
    事前にイメージしていた「家庭訪問」とはちょっと趣きが違うように思ったのだが、これで良かったのだろうか。

    ともあれ次はいよいよIEP meetingだ。あきのすけにこの一年で身につけて欲しいことをリストアップしておくようにと言われた。また、彼の言語環境についても考えておくようにとも言われている(通常の保育は当然英語で行なわれるが、それとは別に日本語の教師を自宅に派遣したり、あるいは母親が学校に赴いて指導方法を習って自宅で実施するというオプションもあるのだとか。これは予想外の申し出だったので即答できなかった)。ホームドクターの予約も取らなければ。

    しかしこれだけ労力を払って来年の9月でおしまいというのは、なんとももったいない話ではある。
    スポンサーサイト




    【2005/11/09 05:15】 療育(米国) | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)

    この記事に対するコメント
    遠くに見える山に白く雪がかぶさり、いよいよ冷たい風が冬をつれてきます。いよいよ、具体的な療育支援の様子の違い(日本との)が感じられてきはじめましたね。これから、さらにどういう風になるか、楽しみです。それから、IEPミーティングをするんですね、よかったね。日本でも通常の支援に取り入れられるようになるといいな、と思います。これからの様子をたのしみにしています。
    【2005/11/13 21:18】 URL | めがねのあやこ #-[ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック