FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    運動会、無事終了
    台風も無事通過、秋晴れのさわやかなお天気の中、運動会が行なわれました。
    Qちゃん連れて丸一日はしんどいから、あきのすけの出番の時だけ…
    と思っていたら、楽しげな気配を察知したQちゃん、いそいそと靴をはいて行く気満々。
    結局、入場行進が始まる直前に学校に着きました。

    今年のあきのすけの出番は
    かけっこ
    玉入れ
    綱引き
    大玉送り(全校)
    去年よりずっと少ないけど、その分待ち時間が長い。
    だから母的には、今年の目標は「目立たないこと」です。
    活躍してほしいなんていいません、
    とにかくフラフラ列を離れたり、すっとんきょうな声をあげたりしないで
    一年生100人の中に埋没していてほしい。

    と思ったら、さっそくやってくれました。
    準備運動の時、ひとり先生に手を引かれて離脱。
    どうやらトイレに行きたくなってしまったみたいです。

    まあ運動会なんて、みんな自分の子供しか見ていないので
    この程度のことで恥ずかしいどうこう、思わないぐらいすでに心臓に毛がはえてしまっている自分が悲しくもあるのですが(^ ^)

    さて、かけっこです。
    あきのすけの出走順は前から5番目。
    さあいよいよ僕の番だ、と気合充分に立ち上がった…と思ったら、
    あれ?他のお友達は座ったまま?
    見ると、スタート地点担当の先生が、何かトラブルでもあったのか他の先生と話をしていて
    あきのすけの組の子供たちになかなか「位置について」の合図を出してくれない。
    何?なんなの?不安げにキョロキョロするあきのすけ。
    あああ、困るんだよなあこういうの。
    パニックこそ起こさなかったものの少なからず気を削がれたあきのすけ、
    予想通り堂々の6位(ビリ)でした。

    お次は玉入れ。
    ただの玉入れではなく「忍たま手裏剣道場」
    玉入れの前に、ポーズを取ったりバランスやジャンプをしたりという小芝居…もといマスゲームをするのです。
    太鼓や笛の音に合わせて、加配の先生の個別指示もなくそれほど大きくタイミングも遅れず。
    がんばってるじゃん(^ ^)
    「石になって」かがんでいるお友達をジャンプで飛び越すところは、片足ずつバタバタ跳んでいて(相方の子怖いだろうな、申し訳ない)と思ったのですが
    よく見ると似たような子も結構いるし。

    勝負は、あきのすけの赤組一勝一敗。
    最後は「忍者は証拠を残してはならぬ。片付けるのじゃ」入場してきた時と同じ1人2個の玉を手に持って列に戻る…あれ?真ん中でいつまでもウロウロしている奴がいるぞ?
    …うちの子だし
    どうやら、なぜか最後にひとつ玉が残ってしまっていて、
    どう処理すればいいか分からなかったらしい。
    オレはもう2個持ってんだから、列に戻って知らん顔してるか、
    1個先生にでも渡せば、ってそういう知恵は働かないんだよねえ。
    ま、ここは責任感の強さをほめてやるべきか?
    学童保育仲間のM君がフォローに入ってくれて事なきを得ました。

    綱引きは2年生と合同。
    まだ幼げの抜けない低学年約200人がわらわらと大綱に取り付いている姿はなかなかほほえましいものです。
    お弁当の時「赤、練習の時2回負けちゃったの」
    「あきのすけが、先生に言われたとおり綱を下げて、顔を上に向けて
    一生懸命引っ張れば勝てるんじゃない?赤組には君の力が必要なんだよっ!
    いつもはボーっと突っ立ってるか、下手すると綱から手を離していたりするあきのすけですが、今回は加配の先生の力添え(口添えというべきか)のおかげで、一応、引っ張ることができているように見えました。

    ようやくつかんだ勝利。お友達と一緒に万歳で喜び、意気揚々と走って帰る姿に、

    (こうやってお友達と一緒に何かをして、
    負けた悔しさや勝った喜びを共有することが、できるようになったんだなあ…)

    去年の保育園の運動会では
    やっぱり他の子との違いを意識してちょっと落ち込んだりしていたのですが
    今年は、そうした個々のできるできないよりもずっと大きなことを学んでくれた、
    成長したなって素直に思えました。

    25対19で、赤組優勝。
    これ、たぶん来年まで言い続けるな。

    帰宅後はさすがに疲れた様子だったのですが、
    笑えたのは、いまさら「万歩計1分間ダッシュ」をひそかにやっていたこと。
    うん、いまから1年間頑張ったら、来年のかけっこはビリじゃないかもね。
    スポンサーサイト



    【2009/10/14 15:01】 小学校 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック