FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    歳の差きょうだいの落とし穴
    夏休みの日課にもようやく慣れ、
    黙っていても
    朝顔の花を数え、
    玄関掃除をし、
    ご飯を食べて学童にいそいそと出かけ、
    帰ってきて宿題の答え合わせをして
    テレビ・風呂・メシ・寝る…と、穏やかな日々が続いていたのですが。

    そう、世間にはお盆休みというものがあるのです。

    あきのすけの学童保育も、
    Qちゃんの保育園もお休み。
    頼みの父ちゃんは…「え、出勤するの!?」
    「うん、まあどうしてもって言うんなら早めに帰ってきてもいいけど」
    「…いや、別にどうしてもっていうほどの、用事があるわけじゃないけどさ。」

    朝からいい天気。気温もうなぎのぼり。
    宿題もあとは絵日記を一枚残すのみ
    (毎日描くのではなく、特にイベント的なことを二日分だけでいいのだ。楽でいいなあ)。
    どうやってガキどもの暇をつぶさせようか。

    Qちゃんひとりなら「ちびっこプール」にでも連れてくんだけど、
    確か小学生はご遠慮下さい、だったよなあ。
    市営の温水プール…あきのすけ、体だけはでかいから、
    そろそろ女子更衣室に連れて入ると嫌がられそう。
    と言って、ひとりで男子更衣室に行かせるとぜーったい忘れ物とかしそうだし。
    日帰り温泉も同上。
    そっか、だからお子さんが大きくなると皆さん「行動援護」でヘルパーさん頼むようになるんだ。
    図書館も、科学館もこないだ行ったばっかりだし、今日の気分は水遊びだよねえ。

    そうだ、隣町の公園に、確か親水池があったはず。
    あそこなら年齢制限ないし、お金もかからない♪
    一応子供らの水着と着替えのTシャツ、母ちゃんのビーチサンダル、
    バスタオルと水筒を持って、帽子をかぶって、出発。
    駐車場から坂道を登って、めざす親水池に…

    …水が、ない。

    ガーン。

    公園入り口には、ご丁寧に「ご利用上の注意。必ずサンダルを履きましょう云々」の
    まだ新しい看板も立っているというのに。

    お盆休みだから?
    平日だから?
    何か事故でもあった?
    Qちゃんが生まれる前には、あきのすけを連れて何度もここで水遊びしたのに。
    どこにも、何の説明もない。

    「どーして、みずがないのお?」
    半ベソの、あきのすけの絶叫が響き渡る。
    「しょうがないね。他の公園に行く?」
    「遠いからヤダ」
    「じゃあせっかく来たから、他の遊びしよう。滑り台とか」
    「ヤダ。帰る」「じゃあ帰ろう」「ヤダ」どっちやねん。

    そんな兄と母を尻目に、適当な遊具を見つけて「これのる!」と遊び始めたQちゃん。
    俺の方が上手だぞとばかり、気を取り直して一緒に遊び始めるあきのすけ。
    ああ、きょうだいっていいなあ。

    …と思ったのもつかの間。
    あきのすけがアスレチックに行こうとすると、ついていってマネをしたがるQちゃん。
    無理だって。危ないって。と連れ戻すのにひと騒動。
    とにかく歩くテンポから、使える遊具から、7歳と2歳の差は大きすぎる。
    母はどうしてもQちゃんのそばを離れるわけにいかないし
    自然あきのすけを引き止めたり我慢させたり叱ったり…という場面が増えてしまう。

    「じゃあそろそろ帰ろう」と子供らを促すと、
    あきのすけは後ろを振り返りもせずスタスタ、
    Qちゃんは最初に乗った遊具を見つけまた「これ、のる!」
    気が済むまでちょっとだけ乗せるか、「いけません。置いてくよ」宣言するか、
    すったもんだしているうちにも兄との距離はどんどん離れ…。

    「あんたたちねえ!母ちゃんの体はひとつしかないんだよ。
    めいめい勝手なこと言うのもいい加減にしなさい!!!」

    楽しく遊びに来たはずが、これじゃあしようがないよねえ…。
    スポンサーサイト




    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック