FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    準ひきこもり
    先日7/2(木)の朝日新聞「私の視点」で、富山国際大講師の樋口先生が
    彼自身が「準ひきこもり」と名づけたあるタイプの若者たちに対する支援の必要性を訴えておられた。
    彼によると準ひきこもりとは、

    『社会性が低いため(大学)在学中は孤立し、
    就職活動や社会人生活につまずくタイプの若者』

    なのだそうである。
    このブログを訪問されている方なら、
    おそらくこの定義だけでもピンと来るものがあるのではないだろうか。

    残念ながら朝日新聞の無料サイトではこの記事を公開していないようで
    リンクを貼ることができないのだが、気になった箇所を抜き書きしてみると
    『他者との心の交流がほとんどない』
    『長年自分ひとりの空想の世界に浸っている』
    『他者と交わって嫌な思いをすることが多かったため、一種の条件反射で人付き合いを避けようとする』
    『何かトラブルが起こった際には「辞める」ことによってしか対応できない』
    『品行方正で非行や犯罪に走りにくい』
    こうしたコミュニケーション弱者の学生はどんな大学にも『だいたい5~10%』存在する…。

    仮にも「教育社会心理学」を標榜する先生が
    発達障害について何もご存じないとはあまり考えたくないのだが(苦笑)
    彼が「準ひきこもり」と呼ぶ一群の青年たちは、まさしく
    「未診断の、ボーダー~軽度発達障害者」としか私には思えない。

    彼の著書自体は読んでいないが、
    「定義があいまいである」「性別役割論に囚われすぎている」「原因は親の育て方と単純に断じている」「自身の経験を投影しているだけ」「提案された解決策が有効とは思えない」等々の理由で、あまり評価が高くないらしい。
    しかし方向性としては、私がこのごろ考えている
    「なんとか障害のレッテルを貼らないで特性に応じた支援ができないか」
    と軌を一にするものと思われる。

    これまで「個性の範囲」「本人の努力が足りない」と放置されてきた人々に対し
    社会性を高めるためのなんらかの支援が必要である、と社会に向け発信することの意義は大きいと思うし
    発達障害というと今のところ未就学児への支援に偏りがちであるが
    障害児教育とは一見無関係な、高等教育の現場から出されたこの提言は
    非常に貴重なものであると感じている。
    スポンサーサイト




    【2009/07/16 00:00】 時事雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック