AUTISTICな日々
長男あきのすけのキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。やんちゃな弟Qちゃんと共に、ハハの眉間のシワを増やしてくれています。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2017/05 | 06
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    RECENT ENTRIES
  • ネガティブ・ケイパビリティ(05/28)
  • 眼鏡屋の上得意な一家(03/20)
  • 『自閉症児療育Q&A』サイト閉鎖(03/20)
  • つらいと思っている時は、たいてい自分のことしか…(12/18)
  • 心の鬼(09/24)
  • 人混みと、予定変更と。(05/30)
  • 恒例の、お片付けストレスの季節です(03/21)
  • うちのサンタさんは寒がりです(12/18)
  • 「本田40式認知特性テスト」をやってみた(11/07)
  • とめ・はね・はらい(09/07)


  • RECENT COMMENTS
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)
  • しまりー(11/03)
  • カイパパ(11/03)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (158)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (35)
  • きょうだい児 (23)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (38)
  • 時事雑感 (44)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (30)
  • 小学校 (40)
  • 社会活動 (10)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (5)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    天使の羽
    全盲のピアニスト辻井信行さんが国際ピアノコンクールで優勝したニュースは、
    多くの日本人に感動を与えました。
    障害児を育てている多くのお母様方にも、
    大きな夢と希望を与えるニュースだったのではないかと思います。

    その一方で、
    「私はこのお母さんみたいにはなれないわ…」
    「我が子のいいところなんて、才能なんて、見つけられない。
    伸ばしてあげられない私はダメな母親だわ…」
    と、自分を責めてしまうお母様もまた、少なからずいらっしゃるのではないかと心配しています。

    こうしたニュースがあるたびに、
    またドラマやドキュメンタリーで取り上げられるたびに、
    喧伝される「偉大な母親」像。
    もちろん、彼女らが人の何倍も苦しんで努力してきたこと、
    それをねぎらい賞賛することにはなんら異議はないのですが、

    障害児者の母が全てそうでなければならない。そうならなければいけない。
    という押し付けがましさには、激しく違和感を覚えるのです。

    そう思っていたとき、こんな記事を見つけました。(以下朝日新聞の記事より引用)


    「ロックフェラーの天使の羽」という曲の着想は小学6年、クリスマスシーズンに演奏旅行で訪れたニューヨークで降ってきた。街中で天使の羽のオブジェに触れ、「幸せな気分になり、インスピレーションがわいた」という。

     それまでクリスマスの季節が来るたび、いつ子さんは「この子には一生この光が見えないのか」と悲嘆に暮れた。しかし、このささやかな小品が、いつ子さんの絶望を希望に変えた。


    そう、障害受容なんて、誰にとっても簡単なことでない。
    息子に音楽の才能を見出し、芸術的な感性を育むことに専念してきたいつ子さんにも、
    その葛藤はあった。
    でも、見えなくても心で光を感じることはできる。同じ喜びを共有できる。
    悲嘆から母を救ったのは、ほかならぬ息子さん自身であった、と伝えるこの記事を読んだ時、

    ああ、彼らも私たちとなんら変わりない、生身の等身大の人間なんだって。
    そう思えました。

    どうか全ての母と子に、
    「天使の羽」に触れることのできる瞬間が訪れますように。
    スポンサーサイト

    【2009/06/15 13:58】 なかま | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック