AUTISTICな日々
長男あきのすけのキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。やんちゃな弟Qちゃんと共に、ハハの眉間のシワを増やしてくれています。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -


    RECENT ENTRIES
  • ネガティブ・ケイパビリティ(05/28)
  • 眼鏡屋の上得意な一家(03/20)
  • 『自閉症児療育Q&A』サイト閉鎖(03/20)
  • つらいと思っている時は、たいてい自分のことしか…(12/18)
  • 心の鬼(09/24)
  • 人混みと、予定変更と。(05/30)
  • 恒例の、お片付けストレスの季節です(03/21)
  • うちのサンタさんは寒がりです(12/18)
  • 「本田40式認知特性テスト」をやってみた(11/07)
  • とめ・はね・はらい(09/07)


  • RECENT COMMENTS
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)
  • しまりー(11/03)
  • カイパパ(11/03)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (158)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (35)
  • きょうだい児 (23)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (38)
  • 時事雑感 (44)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (30)
  • 小学校 (40)
  • 社会活動 (10)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (5)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    イタリアへ行こう(日本語版)
    「オランダへようこそ」という有名な詩があります。
    このブログでも、「美しきオランダ」というタイトルの別記事で拙訳を掲載しています。
    とてもいい文章だと思うのですが、発達障害のお母様方からは「ちょっと…こんな心境にはなれない」「違和感がある」という評判を聞くことがあります。
    出生直後に診断され、外見上の特徴もあるダウン症(↑の著者はダウン症の子を持つお母様です)に比べて、診断自体も曖昧で、障害受容に時間がかかる発達障害の子の親は、
    「やっぱり…イタリア、諦めきれないわ」と思ってしまうのですね。

    それならいっそ、オランダ経由でイタリア、目指してみたらどうだろう。
    そんなことを思って、こんな文章を書いてみました。
    「オランダへようこそ」への返歌ですので英語版も用意してみました(別記事)。
    なんせ私の英作文ですから、難しくないと思います(笑)



    ガイドブックも手に入れた。
    素晴らしい人々との出会いもあった。
    オランダ。
    うん、ここもそんなに悪くないかも。

    でもここで出会った友人たちには、こんなことを言う人もいる。
    「努力はしたわ。できる限り頑張ってみた。でもやっぱりオランダは好きになれない。」
    「どうしてもイタリアへ行きたいのよ」
    「こんなところにいるのはもうイヤ」

    じゃあさ。
    行ってみようよ。
    イタリアを目指して。

    飛行機に乗るのはもうコリゴリ。
    また変なところへ連れて行かれたらたまんないもんね。

    だから、歩いていこう。
    時間はうんとかかるかもしれないけど。
    辛い旅になるかもしれないけれど。
    ともかく、一歩ずつでも着実に、前に進むことはできるから。

    ベルギーを通っていこう、チョコレートでもかじりながら。
    ドイツを抜けて行こう、ビールとソーセージでもいただきながら。
    フランスにも寄っていこう、セーヌ川とエッフェル塔を眺めながら。

    道を間違えることもあるかもしれない。
    別々の道を行かねばならないかもしれない。
    でも少なくとも、ひとつところに留まることはない。

    考えてみれば大旅行だよね。
    まっすぐイタリアに到着していたら、こんな経験できやしなかった。

    長い旅の終わりには、そう、あの高く険しいアルプス山脈がある。
    もし…どうしても、そこを越えることができなかったなら、

    スイスでチーズ=フォンデュパーティーでも開きましょうよ。

    道中ご無事で。
    いつか、どこかでお会いしましょう。


    あ、著作権は放棄しませんので、ご注意下さい。
    個人的にお友達に紹介してくださるのは全然オッケーです。



    (2012年4月14日追記)
    アクセスカウンターが昨日からすごいことになっていると思ったら
    某掲示板でこちらの記事をご紹介くださった方があるとのことで
    ありがたいことですm(_ _)m

    関連記事
    失うもの
    http://akihaha.blog17.fc2.com/blog-entry-400.html

    も併せてお読みいただけると嬉しいです。

    私自身の中では
    オランダにとどまってチューリップを植え続けることと
    徒歩でイタリアを目指すこととは
    決して相反することではないんです。

    意に反してオランダに降ろされてしまった、
    その痛みをずっと抱え続けながら
    いつの日か、それを肯定的に受け止めることができたら。
    そしてそれぞれの場所で
    ―それがオランダだろうがイタリアだろうがスイスだろうが―
    頑張っている仲間たちと
    互いに労をねぎらい祝福しあうことができたらいいな、と。

    そんな想いを込めて書いた文章です。
    スポンサーサイト
    【2009/05/25 16:15】 なかま | TRACKBACK(1) | COMMENT(1)

    この記事に対するコメント
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    【2015/09/18 22:52】 | #[ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック

    旅の仲間

    昨日の記事、「オランダのチューリップ」に、たくさんのコメントとツイートをいただいています。 あき母さんが、AUTISTICな日々「イタリアへ行こう」を教えてくださいました。「オラ ... カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル【2011/03/01 21:50】