FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    ハロウィーン=お盆
    こちらに到着した日、とりあえず明日の分の食料を、と立ち寄ったスーパーで、いきなり度肝を抜かれた。店頭に並ぶおびただしい数の巨大カボチャ。食べるものではなく、ハロウィーン用の飾り、ジャック・オ・ランタンにして玄関に飾るためのものだ。
    日本では仮装パーティーとかトリック・オア・トリートといったイベント的な要素だけがクローズアップされて紹介されているが、元々はなんとかいう古い暦の大晦日に当たる日で、先祖の霊魂が戻ってくるのでそれをお迎えしておまつりする日なんだとか。…ん?それって、日本のお盆とおんなじじゃないの?あのカボチャって、つまり「迎え火」なのね。

    そういうわけで、こちらのハロウィーングッズや、ハロウィーンをテーマにした絵本などには、カボチャだけでなくゴーストやモンスター、魔女なども登場する。しかし日本人にとってハロウィーンの象徴はやはりあの、だいだい色の大きなカボチャだ。
    我が家の男二人は、このカボチャにすっかりはまってしまった。
    買い物に行くたびハロウィーングッズのコーナーに立ち止まり、物欲しげな顔で動こうとしない。
    あき母「まだ着いたばかりなんだからお土産でもないでしょ。これから感謝祭のセールもあるしクリスマスもあるし、可愛いグッズはいくらでも出てくるんだから。」
    あき父「クリスマスは日本にもあるけどハロウィーンはこっちにしかない。来年のハロウィーンにはここにはいないんだから。」
    あきのすけ「おっきな、かぼちゃ!おっきな、かぼちゃ!」
    そんなやりとりの末、あまりケチなことを言って後々恨まれてもつまらないので、邪魔にならない小物をいくつか買った。
    ランタン
    写真ではよく解らないが、中に豆電球が入って電池で光る。プラ製の小さなジャック・オ・ランタン。
    トリートバッグ
    Trick or Treatの必需品。もらったお菓子を入れるための手提げ袋と、夜道を照らす懐中電灯。
    バケツ
    あきのすけが一目で気に入って放さなかったバケツ。
    どうやら彼はこれにお菓子を入れてもらうつもりらしい。

    さて、うちの周辺は留学生など外国人が多いのでそういうイベントをしないのかと思っていたのだが、コミュニティエイドさん(住民を代表して、居住者間の親睦を深めるためイベントを企画したり、トラブルの相談に乗ってくれたりする役回りの人。さしずめ自治会長さんといったところでしょうか)がいろいろと企画してくれた。
    先週末はPumpkin Curving講習会(できあがったジャック・オ・ランタンはお持ち帰り)、そしてきょう月曜日は子供たちによるパレードの後、お楽しみのTrick or Treatだ。
    せっかくなのであきのすけにも衣装を買った。水色のユニコーンだ。しかしかぶりものが嫌いなあきのすけ、着てくれるだろうか。ていうか、ちゃんとみんなと一緒に参加できるんだろうか。ただいまお昼寝にて充電中。機嫌よく目覚めてくれることを母は切に願っている。
    スポンサーサイト




    【2005/11/01 05:28】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック