FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    イヤーマフ
    イヤーマフ
    夏に夕立はつきもの。
    今年は温暖化の影響だかなんだか、だしぬけに激しい雷雨がやってくることが多い。
    頭が痛いのは、雷が鳴るたびに、あきのすけが混乱し始めること。
    赤ちゃんの頃は平気だったのに。

    いちど瞬間停電でテレビや蛍光灯が突然消えたことがあり(すぐ復帰したのだが)、
    よほど驚いたのか、その後も雷が鳴るたびにフラッシュバックするらしく
    「5時50分にぃ、クインテットの時ぃ、フラットさんが消えちゃってぇ、電気が消えてぇ、(以下略)」という話を繰り返し延々とし始める。
    しばらくは「ウンウンあの時は怖かったね、ビックリしたね」と相槌を打っていたのだが、
    一週間経ち二週間経ち一月経っても同じ話をやめる気配がなく。
    「いいかげん忘れて!もしまた消えても、すぐ元通りになるんだから心配することないの。」

    まだ子供だし、「男のくせに」なんて言葉は使いたくないけれど、
    毎度毎度ヒャアヒャア奇声をあげて走り回りしがみつき↑のような繰り言を発し。
    自然現象は避けようがないだけに、どうにか自分の中で、もう少し冷静に処理する事を覚えてほしいのだけど。


    「雷の、光と音と、どっちが怖い?」
    「音」
    「でも花火の音は大丈夫なんだよね」
    「楽しいから」
    うーん、たぶん聴覚過敏ではないと思うのだけど、試してみる価値はあるかな?
    ということで、買ってみました。
    イヤーマフ。

    まず母が着けてみる。
    テレビではちょうどオリンピックの中継をやっていたのだが、
    観客のざわめきや歓声は消えて、多少音量はダウンするけどアナウンサーの声は聞きとれる。
    夫との会話も可能。
    台所でヤカンが沸騰している音はほとんど聞こえない。
    うん、いちおう思っていたとおりの効果。

    一緒に買ってきた耳栓も試してみる。
    着けるのがまず難しい。
    人の声もブロック。
    自分の声がやけに大きく響いてビックリする。
    いまいちだな。

    あきのすけにイヤーマフをかぶせてみる。
    圧迫感が気になるのか、着けたり外したりしている。
    まあいいや、気に入らなかったら母ちゃんが、あきのすけの独り言が止まらない時に自衛に使うから。

    父と息子ふたりに留守番を頼んで買い物に出ていると、雷が鳴り出した。
    急いで帰ると、あきのすけはおとなしくイヤーマフをつけたままテレビに見入っている。
    父によると最初着けるときはひと悶着あったようなのだが、
    結局雨がやむまでずっと着けていたから、それなりに役には立ったのかな?

    ちなみに今回買ったのは、近所のホームセンターの防護グッズ売り場にあった3千円のもの。
    ネット通販できちんとした「ノイズキャンセリング」とか「子供仕様」のを調べたら5千円はくだらなかったので、そこまでのものは要らないかな、と。
    もしほんとに気に入っちゃって、普段の生活でも手放せなくなったら考えるけど、とりあえずこれで充分そうです。
    スポンサーサイト



    【2008/08/16 23:24】 グッズ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック