AUTISTICな日々
長男あきのすけのキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。やんちゃな弟Qちゃんと共に、ハハの眉間のシワを増やしてくれています。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    RECENT ENTRIES
  • ミサイルがっ(09/13)
  • 能登島へ旅行(08/20)
  • 体験入学1(07/25)
  • 大人の自由研究(07/16)
  • 夏期講習(07/12)
  • ネガティブ・ケイパビリティ(05/28)
  • 眼鏡屋の上得意な一家(03/20)
  • 『自閉症児療育Q&A』サイト閉鎖(03/20)
  • つらいと思っている時は、たいてい自分のことしか…(12/18)
  • 心の鬼(09/24)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (159)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (36)
  • きょうだい児 (23)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (38)
  • 時事雑感 (45)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (30)
  • 小学校 (40)
  • 社会活動 (10)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    夜泣きの後はアップグレード
    実を言うと先週末あたりから、あき母は精神的にだいぶ危機的な状況にあった。
    引越しの片付けはひとまず一段落したものの、最低限の家財道具しかない家の中、慣れないこともあり必ずしも使い勝手がいいとはいえない。
    まだ車がないのであれこれ買いに行ったり見て回ったりすることもままならない。
    テレビはとりあえず見られるが当然ながら英語ばかり。TV Japanというプレミアムチャンネルを申し込むと日本のNHKの番組が見られると聞いていたので早速地元のCATV局に連絡してみるが、いかんせん電話でのやりとりなので、相手の言っていることがさっぱり聞き取れない。悪戦苦闘の結果、プレミアムチャンネルを見るためには別途デジタル契約をしてチューナーを設置し、毎月70ドル以上支払う必要があるらしいことが判明。とりあえず“I’ll call you back.”と言ったきりそのままになっている。
    あきのすけの療育は、要求された報告書類を郵送したが、一週間以上経つのに何の連絡もこない。本当に大丈夫なんだろうか。

    そのあきのすけ、彼なりに新しい環境に適応しようとしているのだろうとは思う。だがどうも自閉症状が強くなってきているようで気がかりだ。数字への執着は相変わらず。何度注意しても電話機をいたずらして、いつのまにか呼び出し音の設定をOFFにしていたり、受話器を床に落としたりする。母がパソコンを使っていると執拗に寄ってきて、変なキーを押したりマウスのスクロールボタンをいじったり。追い払われるとそこらじゅうの電灯のスイッチをON/OFF/ON/OFF。触角過敏が強くなっているのか食事の途中何度も「手ふいて」。日課がまだ定まらないので、午前中から「おふろ」おやつ食べたばかりなのに「ごはん」。バスに乗って買い物に行けば、まだお店に入ったばかりなのに「ばす、のる」「おうちかえろう」。なんだか一日中言い聞かせたり、怒ったり、怒鳴ったり泣いたりして、無駄なエネルギーを使っている気がする。

    とうとう昨日はそれが頂点に。夕刻、あき父と待ち合わせて銀行の手続きをする約束になっていた。お昼寝をしていたあきのすけを起こすとやたら不機嫌。一抹の不安はあったが銀行の営業時間もあるし、あき父も後のスケジュールが詰まっているというので仕方がない。バスに乗ってしまえば機嫌が直るだろうと無視して支度をして家を出たが、泣き喚き座り込み脱走し、ほんの数十メートル先のバス停にたどり着けない。そうこうしているうちに目の前でバスが行ってしまった。
    「ほら行っちゃった。えむばす、乗るの?帰るの?」「…のる」「じゃあ行くよっ!」意を決してあきのすけを担いで数百メートルほど先の別のバス停へ向かう。うまく行けば、別の地区で客を拾って戻ってくるさっきのバスを捕まえられるはずだ。彼は相変わらず抵抗しているが母も逆上しているのでもう聞く耳を持たない、引きずるようにして連れて行った。
    そんなことがあったせいか、午前四時ごろ目を覚まして泣き始めた。お茶を飲ませても添い寝をしてもなかなか寝付く気配がない。諦めて自分のベッドに戻った母のあとを追いかけてきて隣にもぐりこみ、しばらくごそごそしていたがいつのまにかふたりとも眠ってしまった。
    今日はなぜかとってもお利口さんで、「昼間だから電気はOFFよ」と言えばもう触らないし、パソコンにもあまり執着しないで自分のおもちゃで遊び始めた。電話機はもうほとんど触ろうとしない。公園で、苦手なはしご段に挑戦してちょっとだけ登れるようになって、「good job!」とご機嫌な顔で戻ってきて今はひとりでお昼寝している。
    ゼロ歳児の頃、「夜泣きの後は子供がアップグレードする気がする」と言った人がいたが、本当にそうかもしれない。神経回路がつながるためにひと手間かかるのだろう。

    さっき療育担当者からメールが入っていて、自宅でのミーティングの日時について相談しましょうと言ってきた。今週末には車が手に入る予定だ。どんなにゆっくりでも、前を向いてさえいれば必ず先へ進める。それをすっかり忘れていた。
    スポンサーサイト
    【2005/10/20 03:56】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック