FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    車につけるマーク
    6月の道交法改正で、全く耳の聞こえない方でも運転免許が取得できるように要件が緩和されるとのこと。それに伴い、車に「直径12.2センチの円形で、白で縁取りした緑地に黄色のチョウの模様」のマークを表示することを義務付けるのだとか。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080515-00000038-mai-soci
    運転時のマークは、初心者用、高齢者用、身体障害者用に続き四つ目、なんだそうです。

    聴こえない人が車を運転して大丈夫なのか?という議論もあるようですが、それはひとまずおいて。

    このマーク、予備知識なしに一目見て、「ああ聴覚に障害のある方なんだな」って、解ります?制定に当たっては、当事者団体の意見も当然聞いているはずだと思うのですが…。
    「四つ葉マーク」も、すみません、身体障害者用のマークだって、私知りませんでした(爆)
    いえ、カー用品売り場では見かけるし、実際表示している車も多数あるので、なんとなく「そういう意味だろうな」とは思ってはいたのですが。
    車椅子マークが身体障害で、四つ葉は内部障害かなにかかな?と勝手に思い込んでました。
    わからないことはすぐ調べないといけませんね。
    車椅子マークは使用基準が定められていて、個人の車などにつけるのは本来の使い方じゃないんだそうです。

    蛇足ですが、高齢者マークが「紅葉マーク」っていうのも、どうしても覚えられません。
    どうして「もみぢ」の五烈葉の形にしなかったんだろう?


    さて、これらのマークには運転者保護の法的拘束力が伴うわけですが、
    おかしいと思うのは、誰でも・特段の手続きなしに・購入できてしまうこと。
    4つの標示マークは、いずれも使用するための条件があるのだから、免許の取得時あるいは更新時に一緒に交付して、なくしたら最寄の交番で再発行というふうにすればいいと思うのですが。

    道路交通法からは外れますが、「障害者専用駐車場に必要な人が停められない」ということが取り上げられたことがありました。
    明らかに若人・健常者なのに停めている、いや外見からはわからない障害だ、障害者じゃないけど便利だからマークを購入して車につけている…。
    幼い発達障害児を育てているお母さんが、役所などへ出向いた時、暴れる子を連れての移動が大変だから障害者スペースを使わせてもらえないかと頼んだけど断られた、なんて話も聞いたことがあります。
    アメリカでは障害のある人、あるいはケガや妊娠で一時的に不自由な状態にある人に、役所で車椅子つきのナンバープレートや、障害者スペース利用許可証を発行してました。
    何で日本でももっとオフィシャルにやらないんだろう?
    と思っていたら、日本でも佐賀県がこんなことやってました。
    佐賀県パーキングパーミット制度
    療育手帳A判定なら許可されるようです。

    と、調べていて思ったんですけど、発達障害もシンボルマークつくるっていうのはどうでしょうかねえ?それで子供のワッペンやストラップとして身につけさせたり、発達障害者手帳(まだないけど)に表示したりするの。
    図案化するのは難しいけど。積極的に使いたい人あまりいないかもしれないけど。
    マーク見せられたからだからなんなの?って言われちゃうかもしれないけど。
    スポンサーサイト



    【2008/05/15 15:38】 時事雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)

    この記事に対するコメント
    私の娘は  難病に指定もされない  症例の少ない病気で 生涯不安の中です  歩くことも  激痛が伴い  車に何のマークも出来ないため
    障害者駐車できません
    日本は優しくないと 感じます
    【2009/06/10 17:19】 URL | ひろみ #-[ 編集]

    > 私の娘は  難病に指定もされない  症例の少ない病気で 生涯不安の中です  歩くことも  激痛が伴い  車に何のマークも出来ないため
    > 障害者駐車できません
    > 日本は優しくないと 感じます

    ひろみさん、こんにちは。
    せっかくコメントいただいたのに気づくのが遅くて申し訳ありませんm(_ _)m
    管理者画面にしばらくアクセスしてなかったもので…。

    道路交通法で指定された標章は
    「ドライバー自身が障害者であって、
    走行中に他のドライバーに配慮を求める」のが目的なんですよね。

    障害者スペースへの駐車については、現在のところ、
    誰が利用資格があるという明確な法律上の規定がないそうです。
    なので、カー用品店等で「車椅子マーク」を購入して車に貼っていただいて、
    障害者スペースを堂々と利用されて構わないと思います。
    もし娘さんが降車後の移動に車椅子等利用されているならば、
    不適切な利用には当たらないかと思います。
    (実際、駐車場の警備員にそうするよう指導された方もあるそうです)。

    もし障害者手帳等を取得されているなら
    何かクレームをつけられた際には提示すれば万全ですし

    病気の種類によっては、
    内部障害を表すハートプラスマークを表示するのも良いかもしれません。
    法的拘束力がないという意味では、車椅子マークも同じことですので…。
    【2009/06/29 12:00】 URL | あき母 #-[ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック