FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    歯医者デビュー
    「治療が必要になってから慌てないように、かかりつけの歯科医を作っておいたほうがいいですよ」
    という先生方の温かい助言を無視してここまできてしまった。
    だいたい自分の子供の頃は、よほどのことがない限り歯医者なんて行かなかった。
    おかげで私の歯並びはアメリカ人から見たらありえない代物になってしまったのだけれど。

    夕食の豚ステーキアップルソース添え(前記事)を平らげ、機嫌よく遊んでいたあきのすけ。
    突然、「歯が取れた~、食べちゃった~」とのたまうではないか。
    な、なにっ!
    慌てて口を開けさせると、幸い歯はまだそろっていた…が、下の前歯がぐらついている。
    何か変なものでもかじったか?
    気になっていじりまわすあきのすけ、「触るな触るな」とうろたえる母。
    夜だし。父ちゃんもまだ帰らないし。どうしよう。
    ん?待てよ。もしかして…?
    あきのすけ5才6ヶ月。忘れていたけど、そろそろ永久歯に生えかわってもおかしくない時期だ。
    そっかあ、そうなのかあ、生意気に。
    でも「変なものをかじった」疑いも捨てきれない母、「歯医者行く?」と聞いてみたら「いく」と言う。

    いく、はいいのだけど、どこに連れて行こう。
    悩んだ末、私のかかりつけの歯科医にそのまま連れて行くことにした。
    私の治療の際、いちいちよそに預けるのも大変でしょうとのお言葉に甘えて、あきのすけも一緒に連れて行って、スタッフルームではいはいさせたりビデオを見せたりしていたのだ。彼が「歯医者いく」に抵抗を示さなかったのは、先生やスタッフに可愛がられた記憶しかないために違いない。
    なまじ知らない場所に連れて行くほうが、かえって危険。何か問題があれば、またそのときに考えよう。

    朝から連れて行くとすると、園を休ませなきゃ?と心配していたが、あきのすけもかなり落ち着きを取り戻していたので、帰宅後に連れて行くことにした。
    週の半ばの午後、待合室にはほとんど人がいない。よかった。
    初診ということで問診表記入。「軽度知的障害(自閉症)、処置の前に必ず内容を丁寧に説明してください」と書いて渡した。

    まずは「歯のお写真とるよ~」とレントゲン撮影。私はQちゃんを抱いているので室外で待機。撮り直しはしたが、特に暴れたり混乱することもなくできた。
    診察椅子に上がる。
    助手さんに「ブクブクしてね」と紙コップを渡され、ブクブクペッして紙コップを置く。
    と、自動で水が注ぎ足される。「お水、ジャーって、出てきたねえ」と不思議そうな顔。
    そしておもむろに、再びコップを取って、ブクブクペッ。
    コップを置く。水が出る。ブクブクする。
    コップを置く。水が出る。ブクブクする。
    以下繰り返し。
    うーん。そうきたか。

    レントゲンが出来あがってきた。しっかり永久歯が写っている。
    「だいぶグラグラしてるので、本人がひどく気にするようなら抜くこともできますし、そのまま様子見てもいいですけど。どうします?」
    昨夜「(歯を)とる~」と騒いでいたあきのすけ、もう抜いてもらうつもりでいるだろうと思って
    「あき、歯抜く?…抜かない?」と聞いてみたら、「ぬかな~い」という返事。
    あれ?君何しに来たの?
    まあ今日は初めての歯医者なので、無理しないことにして。
    「じゃあ消毒と歯の掃除しておきましょう。ほら、歯医者さんの歯ブラシだよー」
    回転する電動歯ブラシを見せてもらって(ああ、これは好きそうだ)、
    手の甲にちょっと当ててもらって。
    いつも園の先生に仕上げ磨きしてもらっているからか、嫌がらずに磨いてもらっていた。
    椅子が電動で上がったり、倒れたりするのは、ちょっと驚いていたけれど。
    照明がまぶしいのも、ちょっと嫌な顔していたけれど。
    走り回りも、パニックもなし。よくがんばりました。マル!

    帰宅後のコメント「歯医者さん行った。治った。」いや、治ってはいないと思うんですけど。

    がんばったごほうびに、新しい絵本を一冊。
    歯が抜けるお話の本も、探しておかなきゃね。
    スポンサーサイト




    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック