FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    人は人にしか救えない
    朝日新聞に連載中のシリーズ記事「ニッポン人脈記」。
    今週は阪神淡路大震災を契機に生まれた様々な活動に携わる人々を取り上げている。
    その第4回「人のぬくもり 手紙は宝」という記事では、孤独な高齢者に手紙を書いて励ます活動が紹介されていた。
    その活動の主催者の言葉「人は人にしか救えない。」
    その言葉が、ここ数日胸に引っかかっている。

    科学技術立国ニッポンに戻ってきて以来、ずっと違和感を感じていることがある。
    「○○大学ではこのほどこのような技術が開発されました」という類のニュース。
    介護ロボットにペットロボット。
    バーチャルリアリティー。
    遠隔地通信。
    生身の人間がやってきたもろもろの仕事を、なんでも機械に肩代わりさせようという発想。
    それにより、世の中が便利に豊かになると、開発した人間も伝える人間も、無邪気に信じて疑っていない。

    二十世紀、まだ子供だった私もそう思っていた。
    家事はロボットがやってくれて、勉強はコンピューターが教えてくれる、食べ物は工場で衛生的に生産される、それが科学の勝利であり近未来の理想形だと。
    けれども二十一世紀が来て大人になった私は、次々に実現していく近未来アイテムに戸惑っている。ケータイは通話にしか使わない。自分で焼いたパン、庭で採れた野菜が一番おいしい。CGを多用したアニメは無機質で生理的に好きになれないし、ゲームをするヒマがあったら本を読むか、山や浜辺を散歩したいと思う。
    そして息子の障害は、医学では治せない。
    人とうまく関われない彼に、この世界での生き方を教えるのは、人間にしかできない。
    彼だけじゃない。人間を育てるのは、人間にしかできない仕事のはず。
    人間がやらなくちゃいけない仕事のはず。

    日本の科学技術が世界に誇れるものであることは間違いないけれど、いま世の中で起きている全ての問題がそれで解決できるというのは幻想に過ぎないのではないか。
    医療・教育・福祉。
    人にしかできない仕事があるということ、機械に肩代わりできない仕事があるということに、そろそろ気がつかないといけないのではないだろうか。
    スポンサーサイト




    【2007/01/20 13:51】 時事雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック