FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    いじめ・差別の根本原因に関する考察
    以前このブログでも映画化案があるということで紹介させていただいた小説「ぼくはうみがみたくなりました」の中にこんな一節がある。
    「人は自分の下に線を引きたがる」
    (山下さんすみません無断引用させていただきました)
    最近いじめ自殺の嫌なニュースに接する中で、この言葉が私の中でだんだんと重みを増してきている。

    小学生の頃、「アンネの日記」の読書感想文を書いた。
    戦争のない時代に生まれた自分たちは幸せだ、というような趣旨のことを書いたと思う。
    それは多分に教師の期待する模範解答を意識したものなのだけれど、書いた自分自身の心の中に、何か違和感というか、しこりのようなものがずっと残っていた。
    今になって、その正体が解った気がする。

    彼女らに比べれば今の自分の悩みなど取るに足りないと思うことで、現実に自分が抱えている悩みから眼をそらしていた。
    あるいは、そらすように仕向けられていた。

    たとえば江戸時代の身分制度。
    農民たちの不満をそらすために、支配階級の武士たちは、士農工商、さらにその下の階級をでっちあげた。それで農民たちの置かれた現実がなんら変わったわけではないのに、まんまと騙されてうっぷん晴らしの激烈な差別行為をはじめ、現代まで尾を引いている。

    所得格差は確実に広がっているというのに、もっと困っている人はいくらでもいると、自分が「負け組」に入っていることを認めたがらないから「自由競争オッケー、格差やむなし」なんて言っている政党に投票してしまう。

    級友の些細な違いをあげつらい攻撃対象にすることでしか、自分の優位性を確認できない幼稚さ。それを見てみぬふりする弱さ。

    「あいつに比べればまだマシ」
    そんな消極的な自己憐憫が、全ての問題の根っこにある気がする。
    いつも下を向いて。
    強い者は弱い者をさげすみ、
    弱い者は、さらに弱い者をいじめて。
    いつまで経っても、誰も幸せになれないシステム。

    だから流行の二分論はもういい加減やめにしよう。
    自分の下に線を引いて慰めにするのはもうやめようよ。
    前を向いて。
    上を向いて。
    下を振り向く時は、そこにいる誰かに手を差し伸べて。
    そうすれば、みんなが少しずつ幸せになれるはずなのにと思う。
    スポンサーサイト




    【2006/11/25 23:31】 時事雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック