FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    ソーシャルブックに挑戦
    寒いのがイヤなのか、
    指図されるのが気に入らないのか。
    せっかくトイレトレーニングが完了したと思っていたのに、またおもらしされる日が続いた。
    誘っても「いや~」「でないぃ~」「いかないよぉ」
    口を尖らせてクレヨンしんちゃんのような口調、なかなか憎たらしい。
    ギリギリまで我慢してトイレに駆け込み、でも立ちションはまだできないのでズボンとパンツを全部脱いで、脱ごうとして足に引っかかってなかなか脱げなくて、ジャー。
    セントラルヒーティングで全館暖房のアメリカの家と違い、居室とトイレの間には「ふすま」がある。築ン十年の我が家、建てつけが悪くなっておりこれが非常に開けにくい。彼の場合、尿意を「伝える」ことが難しいので、このふすまが文字通り障壁になってしまっている。夏場なら開け放しておけばいいのだが、冬のこの時期はそうも行かない。
    済んだら済んだで、ズボンもパンツもトイレに置いたまま部屋に駆け戻り、フリチンのままうろうろ。
    ついこの間まで、ちゃんと自分でパンツもズボンもはいて戻ってきていたのに…。

    と嘆いていても一向に改善しないので、とりあえず衣服の着脱は手伝うとして、
    「誘ったらトイレに行く。」
    「自分ではまだだと思っても、早めにすませておく」
    を目標にした。しかし何度口で言っても、理解していない様子。
    それでは、ということで、ソーシャルブック作りに挑戦してみた。

    「してはいけないこと」「してほしいこと」を伝えるための単純な絵カードなら、作ったことのある方も多いと思う。
    ×はしりません→○すわります のパターン。
    これを発展させてストーリー仕立てにし、なぜその行為をしてはいけないのか、この行為をするとどんないいことがあるのか、を伝えるのがソーシャルストーリーだ。
    今回は、「おでかけ前に誘われたのにトイレに行かなくて、困った場面」と「トイレに行って、良かった場面」を書いてみた。
    それぞれのエピソードのラスト3シーン。
    socialbook1.1.jpg

    外出先で、間に合わなくておもらし。洗濯しながら怒っている母。
    このネガティブ・メッセージのみで終わってはいけない。
    socialbook1.2.jpg

    外出先で楽しい時間を過ごし、おいしくおやつ。2人とも終始笑顔。

    完成した本を見たあき父、「まんま普段の生活どおりじゃない。」
    そう、普段経験している場面を盛り込み追体験させることが出来るのも手作りソーシャルブックならではだ。
    で、肝心の息子だが…。
    落書き帳を破って鉛筆で書いてセロテープでとめただけの粗末な本だが、気に入ってくれたらしい。何度も声に出して繰り返し読んでいる。
    誘っても相変わらず「いやぁ~」とは言っているが、とりあえずおもらしはほとんどなくなった。
    いちおう、効果があったのか、な?
    スポンサーサイト




    【2006/11/24 11:45】 グッズ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック