FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    Popsicle
    アメリカで幼児を育てていなかったら知らなかったであろうこの単語。
    夏になり、毎日のように家の中で飛び交っている。
    「おふろにはいろう」
    「いや!」
    「一緒にお風呂入ってくれたら、後でpopsicleあげるよ」
    「…おふろ、いく!」といそいそと階段を上がり始めるあきのすけ。効果絶大。
    あき父はこの言葉、何度聞いても覚えられないらしく、きょとんとしている。

    そう、popsicleとは、アイスキャンデーのこと。
    元は商品名らしいのだが、おなじみ棒付きのものからチューブ入りのジュースを凍らせたものまで、氷菓一般を指すものとして使われている。こんな言葉を教えた覚えはないのだが、どうも学校のおやつの時間に食べさせてもらって味をしめたらしい。
    お風呂から出たあと、暑いので服を着たくないあきのすけは、「おやすみ」と言って裸のまま布団に転がってしまう。ちょっと前までは「パンツくらいはきなさい!」「いや!」(後略)と険悪になっていた場面。
    「あっそう、母ちゃんはもう服着たから、下に降りてひとりでpopsicleたーべよっと。」
    そう言いおいて放っておくと、タンスの引き出しが開く音がして、程なくパンツとパジャマを着た息子が降りてくる。なんて楽チン。

    「ひとりでパジャマ着たの、えらいねえ。はーい、今日は何色にする?」
    「あか!(ラズベリー味)」
    「じゃあ母ちゃんは黄色(オレンジ味)」(残りのアイスを冷凍庫に戻す。早く食べたいあきのすけ)
    「はさみで、きって!」
    「はいはい」(チューブの端を切って渡す)
    「ぎゅっぎゅっして」(チューブの中身を押し出してほしい)
    「最初だけよ」
    「ぎゅっぎゅ!」
    「自分でしなさい、できるでしょ?(これも指先の訓練、というか単純にめんどくさい)」
    「なくなっちゃった。All done(ごちそうさま)!」チューブを自分でゴミ箱に「ぽい」。感心感心。

    晩ご飯前にアイスキャンデーなんて…という日本的罪悪感もないではないが、ジュースお代わりよりもよほどお腹への影響は少ないようなので。
    なにより、これ一本でこれだけコミュニケーションの練習ができて、平和なお風呂タイムが過ごせるのだ。
    こういうのを、確か正の強化子って言うんでしたっけ?
    残り3本、そろそろ次のを買ってこなきゃ。
    スポンサーサイト



    【2006/08/01 12:18】 グッズ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック